マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 30分~120分
  • 12歳~
  • 2016年~

オーディンの祝祭clevertrickさんのレビュー

330名 が参考
2名 がナイス
約1ヶ月前

全体的なレビューは既に他の方がたくさん書いているので、1点だけ。
このゲームにおける「運要素」について。

 間違いなく、ダイスを振ることは発展ゲームでは好まれません。
 しかし、このゲームにおける失敗は、たとえば山岳タイルから石材駒2個や木材駒2個を取るよりも
 ほんの少しだけ損をする程度にデザインされています。
 失敗しても、あなたは次のロールではより成功しやすくなります。
 出目の悪さは成功を妨げるのではなく、ほんの少し遅らせるだけです。
 冒険の雰囲気を出すために、これは私にとってゲームに不可欠な要素なのです。

上記は作者であるウヴェ・ローゼンベルク氏本人の弁です。

最初に説明書を読んだ時は「うーん、ダイスロールがあるのか・・・大丈夫かなぁ」と危惧しましたが
プレイした後には、氏のいうとおり、このゲームにとって不可欠な要素になっていると思いました。


ヴァイキングが行う「狩猟」や「略奪」の結果が、やる前から確定していたら、なんだか興ざめですもんね。
失敗した場合のリカバリーに関する調整も絶妙で、さすがはウヴェ様!と唸らされました。


もし運要素があることで躊躇している人がいるとしたら(いねーか)、心配はいりません。
ぜひプレイして、オーディンに祈りを捧げながらダイスを振ってください。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
三上航平
ggjhhi
勇者
clevertrick
clevertrick
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 606興味あり
  • 775経験あり
  • 274お気に入り
  • 533持ってる
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力34
交渉・立ち回り3
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見14
作品データ
タイトルオーディンの祝祭
原題・英題表記A Feast for Odin
参加人数1人~4人(30分~120分)
対象年齢12歳から
発売時期2016年~
参考価格11,880円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

clevertrickさんの投稿

会員の新しい投稿