マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ディプローマ 王立魔導学校卒業試験Diploma

ダイスを使い魔法資源を得て、魔法陣を描き魔法を繰り出す運と戦略を駆使するボードゲーム。

~~~~~ プロローグ ~~~~~
いまでないとき。ここでない場所。
これは魔法の源とされるマナがあふれる、別の世界の物語。
この世界でもそれを操れるのはほんの一握りの存在だった。彼らは魔導士と呼ばれマナを集め凝縮して魔石を精製することができた。魔石を動力とした魔道具は人々の暮らしを豊かにしていった。
アイゲウス王が素質ある若者を集め育成するために設立した王立魔導学校では、毎年序列を決めるため卒業試験が行われる。優秀な卒業生には称号が与えられ研究者の地位が約束される。
7年に一度の大祭の年に最終試験に残った4人の青年たち。それぞれがそれぞれに異なる目的をもってこの日を迎える。しかし彼らは気が付いてしまった。この試験に隠された本当の意味を・・・。
~~~~~~~~~~~~~~~~
12歳以上推奨、プレイ人数は1人~4人、プレイ時間は60分を目安とするボードゲーム。
コンポーネントは六角形の魔方陣タイルを120枚。魔法資源チップは162枚。カードを54枚とダイス16個。
木製のコマが4つ入っており、プレイヤーボードには、魔方陣ボードと得点ボードの2種類がある。

ゲームはダイスドラフトで魔法資源を生み出し、魔方陣タイルを設置して魔方陣を完成させることで得点となる。
指示された魔法陣を完成させると高得点を得ることができる。
プレイヤーは魔石やマナなどの資源を駆使して、魔法アイテムを購入や魔法の使用することで
優位にタイルを配置していくことが必要となっていく。
ダイスドラフトの結果は他プレイヤーに作用するほか、自身の後の行動にも影響する。
ゲーム終了までに最も得点を得たプレイヤーが今年度の最優秀卒業生(勝者)となる。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ボドゲーマ運営事務局ボドゲーマ運営事務局
  2. 遠野 司遠野 司
ゲームマーケット
2019春
Diploma 王立魔導学校卒業試験

舞台は魔法学校。卒業試験に挑むプレイヤーは

ダイスドラフトで魔力を得て、タイルをつなげて魔法陣を描きます。

麻雀とカルカソンヌを組み合わせた、運と戦略のゲームです。

この作品は、出展者によってゲームマーケット公式サイトと相互リンクされています。

http://gamemarket.jp/?post_type=game&p=129056
マイボードゲーム登録者
  • 21興味あり
  • 12経験あり
  • 3お気に入り
  • 19持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルディプローマ 王立魔導学校卒業試験
原題・英題表記Diploma
参加人数1人~4人(60分~90分)
対象年齢12歳から
発売時期2019年~
参考価格5,500円
クレジット
ゲームデザインオオタキ ユウ(Yu Otaki)
アートワークanzento
関連企業/団体ナイアガラゲームズ(NIAGARA GAMES)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 214
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月16日 03時06分

    タイル枚数上限によりゲームは最長でも14ラウンド。1プレイヤー平均30枚前後を使用することになります。またプレイボード上のタイル置き場は24マス。色の付いたタイルは各色20枚。同じ配置パターンのタイルはない。プレイヤーカラーによる差は無いが、自分の色の魔石は取得量が倍になる。魔石は表裏一体。赤の裏は青の、黄の裏は緑の魔石になっている。

    憂@NIAGARA GAMESさんの「ディプローマ 王立魔導学校卒業試験」の戦略やコツ

ルール/インスト 2件

  • 78
    名に参考にされています
    投稿日:2019年11月21日 10時16分

    ゲームマーケット2019秋より改訂ルールDiploma219を同梱したコンパクトアップグレードキットの販売を開始。それに伴いいくつかのルールが変更さてれいる。通常ルールではゲーム開始時に配られる魔法カード一枚しか使えなかったが、219では2枚の魔法カードが配られ、途中付け替える事が可能になった。またアイテムカードも使い捨てでは無くなり、任意の破壊が出来る様になった。勝利点に関しても、目標ではない魔法陣を完成させた場合でも魔法陣タイルの数の半分が得点として加算されるようになった。

    憂@NIAGARA GAMESさんの「ディプローマ 王立魔導学校卒業試験」のルール/インスト
  • 134
    名に参考にされています
    投稿日:2019年05月31日 15時04分

    ルール補足①マニュアルに書かれている「アイテムカード」とは、目標となる魔方陣カード、魔法カードを除いた、「称号カード」「道具カード」「障壁カード」のことです。ルール修正①得点計算の際、グレーのタイル3枚でマナを1つ得られるようにします。またマナは必ず得点化するから任意で得点化するに変更します。よくある質問Q.特別産出のUnder7って7未満?A.7以下です。7を含みます。Q.障壁カードって意味あるの?A.相手のボードへ設置し妨害します。ただしカードの効果が切れた後は通常産出時のペナルティを無くしてしまいます。ゲーム後半が狙い時です。Q.魔法カード、アイテムカードはゲーム開始時に設置できま...

    遠野 司さんの「ディプローマ 王立魔導学校卒業試験」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿