マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ダニーDANY

ゲーム性は勿論ですが、まずデザインが最高です。

見た目だけで気になった人や、手に取ってしまった人も多いんじゃないかと思います。

自分もその1人です。



おすすめプレイ人数は4〜6人くらいかと思います。

最大人数(8人)はあまりおすすめできません。

理由は最後に書いてありますが、正体隠匿お好きな方はわかっていただけるかもしれません。


1枚のカードに記載されている複数のお題の中から指定された1つのお題を与えられたカードを使って作成して、他プレイヤーに当ててもらうと言った流れとなります。

その際には使用するカードがまた何とも素敵な抽象的なイラストが描かれているものばかりで唆られます。

が、抽象的だからこそ様々なお題に対応できるようになっており非常にゲーム性を高めています。


各イラストが描かれている表面(白)と裏面(黒)があり、表面だけではなく裏面も使用出来るというのも面白いと思いました。

イラストだけだと、抽象的とはいえ直接的に答えに結び付く描写もあるのでヒントになりやすい物もありますが、

カードの裏面を組み合わせたりして作られた物が一体何を現しているのか…。

作成した本人は自信を持って完成させた作品も、他のプレイヤーからすると全然理解出来なかったりと、相談している会話を聞いて非常にもどかしくもあり面白くもあります。


お題も1枚のカードに記載されている内容が絶妙に似てるというか、近からず遠からずと言ったものとなっているため悩まされる事が多いです。


そして、ただお題を作り合うだけじゃないのがこの『DANY』一番の売りとなっており

それが、副人格プレイヤーの中に1人だけ主人格のダニーとなるプレイヤーが潜んでいるということです。

各プレイヤーが皆んなで正解という目的に向いている中、ダニーは「不正解に導く」ことを目的として動きます。

他プレイヤーがお題を作成した際には、正解ではないであろう答えに導き、

自分がお題を作成する際は、絶妙に複数のお題と似た作品を作ったり…等。


その上で最終的に不正解を重ねて副人格を消し去る、

副人格はダニーを見つけ出す、という

お題作成と正体隠匿の二つのゲーム性で楽しめる内容となっています。


パッケージやカードだけを見るとアート性は高いがゲーム性はどうなんだろう…と思ってしまう方もいるかもしれませんが、

一度プレイすれば必ずこのゲームの面白さが見つかると思います。


一度、最高人数の8人でプレイしたのですが

元から曖昧で抽象的なお題やイラストが多く、

プレイヤー同士の相談の中で意見が割れることが数多く見られるゲームのため、ダニーをあぶり出すのが非常に難しく感じました。

人狼や他の正体隠匿ゲームと違い、直感的に目で見られるイラストや作品に対して会話に参加するのは簡単なため、「発言が少ない」「発言内容がおかしい」から怪しいという場面がそこまで生まれないのが苦しい部分でした。


フルメンバーでもワイワイ楽しめるので良いのですが

4〜6人くらいのプレイが1番絶妙にこのゲームを楽しめると思います。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:シロ
マイボードゲーム登録者
  • 53興味あり
  • 125経験あり
  • 22お気に入り
  • 75持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルダニー
原題・英題表記DANY
参加人数3人~8人(20分~30分)
対象年齢16歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 4件

  • 21
    名に参考にされています
    投稿日:2020年04月25日 15時06分

    抽象的な絵でお題のものを表現するゲーム。人狼のような要素も多いけれど、プレーヤーの感性が見えてとても楽しい。

    じょーじさんの「ダニー」のレビュー
  • 274
    名に参考にされています
    投稿日:2020年02月27日 01時29分

    ゲーム性は勿論ですが、まずデザインが最高です。見た目だけで気になった人や、手に取ってしまった人も多いんじゃないかと思います。自分もその1人です。おすすめプレイ人数は4〜6人くらいかと思います。最大人数(8人)はあまりおすすめできません。理由は最後に書いてありますが、正体隠匿お好きな方はわかっていただけるかもしれません。1枚のカードに記載されている複数のお題の中から指定された1つのお題を与えられたカードを使って作成して、他プレイヤーに当ててもらうと言った流れとなります。その際には使用するカードがまた何とも素敵な抽象的なイラストが描かれているものばかりで唆られます。が、抽象的だからこそ様々な...

    シロさんの「ダニー」のレビュー
  • 203
    名に参考にされています
    投稿日:2020年01月12日 15時44分

    DANY!説明も読まずに一目惚れで買いました。ゲームの種類的には正体隠匿(心理戦)になります。プレイヤーはダニー(1人)とダニーの副人格(2〜7人)に分かれて行います。1人ずつ手番が回ってきたら記憶カード7枚を引いてそれを組み合わせて、ダニーの思考を表します。その際何枚使っても裏を使っても配置も自由です。記憶カードイラストの奇抜さもさながら、アーティスティックなイラストが描かれたカードを使っての思考表し方にプレイヤーの個性が出ます。「え、この配置って何を意味してるんだろうか」とか「それでこれを表してるだと?」「どこからどうみてもそう思うのに違うの?」と本当に様々な表現方法があるなと自分も...

    くれのやなさんの「ダニー」のレビュー
  • 273
    名に参考にされています
    投稿日:2019年11月29日 23時13分

    着眼点のズレ、思考回路のズレも楽しめる正体隠匿ゲームです。プレイヤーは・多重人格者ダニー(1名のみ)・頭の中の他の人格(残りのプレイヤー)となって1人ずつ①絵柄カードを7枚引く(手番プレイヤー)②1〜5番の選択肢があるお題カードを引く(みんなに見てもらう)③1〜5の数字が書かれた数字カードを引く(みんなに見せない)④ ②,③で決まったお題を①のカードで表現⑤他のプレイヤーは手番プレイヤーが5個あるお題の内どれを表現したのか話し合う⑥決定した選択肢を手番の左隣の人が伝える⑦点数加算a.正解→副人格サイドに1点(6点で勝ち)b.不正解→ダニーに1点(3点で勝ち)シュールな絵柄やお題が多く、一...

    気仙沼のおいどんさんの「ダニー」のレビュー

リプレイ 1件

  • 132
    名に参考にされています
    投稿日:2020年01月18日 03時14分

    プレイ動画作成しました!3人プレイです。正体隠匿×想像力の要素が詰まったゲームです。世界観やカードの雰囲気など独特な雰囲気を醸し出していて、オシャレな雰囲気を味わえるゲームとなっています。それぞれの価値観の違いも楽しめ、初めて同士でも楽しく遊べるオススメの作品です!動画内ではゲームのルール説明もしているので、どんなゲームかきになる方、プレイの雰囲気が気になる方はぜひ動画をご視聴ください!verywellボードゲームでは毎週ボードゲームの動画をアップしています。ボドゲに興味がある方、ボドゲが好きな方はぜひチャンネル登録よろしくお願いします!チャンネル登録リンクはこちら↓↓↓https://...

    verywell boardgamesさんの「ダニー」のリプレイ

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿