マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

第5次辺境戦争Fifth Frontier War

宇宙海域の支配をめぐるトラベラーシリーズからスピンオフした作戦級ボードゲーム:艦隊戦闘より惑星征服が重要な軍事力配置マネージメントゲーム

このゲームは、GDWのTRPGであるトラベラーシリーズのスピンオフ作品として登場しました。ゲームの題材は、スピンワード・マーチ宇宙域をめぐるゾダーンと帝国の衝突を再現します。
ルールを読むと一部ですがスターウォーズ的なエッセンスも入っていて、特にゾダーンの秘密基地があることであれっとなります。当然ゲリラ部隊もいます。帝国側はインぺリウムのような駒を使用した艦隊が登場します。ゾダーンもほぼ同様の艦隊が登場します。
このゲームシステムのポイントは、両陣営とも軍事マネージメントを要求されます。特にゾダーン側は、必要な時、必要な場所に艦隊を集合させ戦闘を行うことが重要で、帝国より多少劣る軍事力を優位にするには軍事集中が求められます。
帝国側は、主たる戦闘行為を惑星の征服に割り当てることになります。惑星がないと次の軍事のための足掛かりがなく遠方へ移動ができなくなる問題を抱えています。
この惑星での戦闘がかなりプレイ中に行われる行為になり、プレイヤーにとっては苦行になる可能性もあります。艦隊戦闘がそれほど起きないため、派手なゲームを期待する方には不向きです。
映画であるスターウォーズのように、補給や移動の計画や情報の取得などに興味がある方には、宇宙作戦の司令官の立場でプレイができます。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. マガジン坊やマガジン坊や
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 4経験あり
  • 2お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトル第5次辺境戦争
原題・英題表記Fifth Frontier War
参加人数2人~4人(360分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1985年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 117
    名に参考にされています
    投稿日:2020年02月18日 09時48分

    第5次辺境戦争は、艦隊の移動の計画が非常に重要で、散発的な艦隊戦をさばきながら、惑星を制圧し足掛かりを作ることで新たな侵攻を行うことになります。ゾダーンプレイヤーがかなりアグレッシブでない限り、大規模な艦隊戦は起きないので、惑星の制圧をお互いに進めることになります。その合間に、情報収集や惑星に地上部隊の配置などを行います。実際にプレイを行うと、かなり地味な印象が強く、艦隊戦もほぼ起きないことが多いため、惑星を征服しながら次の侵攻方向を定めるのが目的になります。お互いに次の惑星が重なれば、艦隊戦が起き、勝敗を決することもあります。ただし、最後まで艦隊戦を行う意味はなく、損害を被った陣営は通...

    マガジン坊やさんの「第5次辺境戦争」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿