マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~5人
  • 90分~120分
  • 2007年~

コンテナmalts_yさんのルール/インスト

358
名に参考にされています
2018年05月09日 09時03分

(上から読むだけでインストになります)

■ セットアップ

 島ボードを中央に置きます。プレイヤーはプレイヤーボードを取り,プレイヤーカラーを示す辺を手前に向けます。プレイヤーカラーに近い色の船を取って,テーブル上に置きます。ここは公海,公の海です。

 プレイヤーは資金カードの$1を5枚,$2を5枚,$5を1枚受け取ります。残りは銀行とします。

借用証書は脇に置いておきます。

 灰色の三角屋根の倉庫をまとめてストックとします。そこからプレイヤーは倉庫を1個取ってプレイヤーボードの倉庫置き場のハイフン(-)のところに置きます。

 直方体のコンテナを色分け(オレンジ,茶色,タン(淡い茶色),白,黒)します。ゲームに使うのは各色についてプレイヤー人数×3個で,余りは箱に戻します。これはショ-トルールで,慣れたらプレイヤー人数×4個(つまり全部)使います。

 丸い工作機械を各色(オレンジ,茶色,タン(淡い茶色),白,黒)を色分けしておきストックとします。工作機械を各色1個取り出し,そこから各プレイヤーが1個ずつランダムに取ります。残ったらストックに戻します。工作機械をプレイヤーボードの最も手前の丸い工作機械置場のハイフンのところに置きます。自分の工作機械と同じ色のコンテナをストック1個から取り,工場集荷場の2のところに置きます。

 コンテナ価値カードはインストが終わったあとで配ります。

 スタートプレイヤーを決めます。


■ ゲームの概要

 このゲームの商品はコンテナです。コンテナを生産して,売り買いし,最終的には中央の島に持って行きます。そこでコンテナに値段が付き,それをお金に換えます。使わずに残っていた現金と合わせて最も現金の多い人の勝ちです。


■ 手番にやること
 1回の手番では4つのアクションのうち2つのアクションを行います。同じアクション2つでもよいです。


1.「倉庫/工作機械を買う」アクションで,倉庫または工作機械を1個購入します。
  ・倉庫の価格は倉庫置き場に書いてあります。1個目は初期配置で置いてあり無料(ハイフンの場所です),2個目は$4,以下$5,$6,$7です。
  ・工作機械の価格は工作機械置き場に書いてあります。1個目は初期配置で置いてあり無料(ハイフンの場所),2個目は$6,以下$9,$12です。
  ・代金は銀行に支払い,ストックから倉庫/工作機械を取って倉庫置き場/工作機械置場に配置します。
  ・同じ色の工作機械を2個以上持つことはできません。

 

2.「商品生産」アクションで,工作機械1個についてコンテナ1個を生産します。
  ・工作機械の色と同じ色のコンテナが生産されます。
  ・ストックからコンテナを取って工場集荷場に配置します。
  ・工場集荷場に収容できる最大数は,工作機械1個につきコンテナ2個(重要)です。
  ・生産能力と収容能力があるだけ,そしてコンテナのストックがあるだけ生産しなければいけません。

  ・工場集荷場には1,2,3,4と書いてあるマスがあり,コンテナをどのマスに配置するかで,次に売るときの値段を付けることになります。1回目の値付けです。
  ・1マスにどの色でも何個でも置けます。色を混ぜてもかまいません。
  ・このとき,工場集荷場に既にあったコンテナを再配置して値付けを変えることができます。生産と合わせて1アクションです。生産しないで再配置することもでき,それで1アクションです。

  ・このアクションに限り,1手番に1回しかできません。
  ・このアクションを行うとき,組合のボス(右隣のプレイヤー)に$1支払います。



3.「港湾集荷場のためコンテナを買う」アクションで,他の1人のプレイヤーの工場出荷場からコンテナを何個でも購入します。
  ・代金は相手のプレイヤーに支払います。
  ・購入したコンテナは自分の港湾集荷場に配置します。
  ・港湾集荷場に収容できる最大数は倉庫1個につきコンテナ1個(重要)です。


  ・港湾集荷場には2,3,4,5,6と書いてあるマスがあり,コンテナをどのマスに配置するかで,次に売るときの値段を付けることになります。2回目の値付けです。
  ・1マスにどの色でも何個でも置けます。色を混ぜてもかまいません。
  ・1人のプレイヤーから何個でも購入して1アクションです。

  ・このとき,港湾集荷場に既にあったコンテナを再配置して値付けを変えることができます。購入と合わせて1アクションです。
  ・コンテナを購入しないで再配置だけすることもでき,これで1アクションです。
  ・自分の工場集荷場からコンテナを購入することはできません。


4.船を動かす
  ・港湾 ― 公海 ― 島 はこの順につながっています。港湾から公海に行くだけで1アクション,他も同様です。
  

4A.「船を動かす」アクションで,船を他プレイヤーの港に着け,港湾集荷場からコンテナを何個でも購入して船に載せます。
  ・代金は相手のプレイヤーに支払います。
  ・船には5個までコンテナを載せることができます。
  ・自分の船を自分の港に入れることはできません。

  ・アクションを行う前から船が港に着いている場合は,1アクションでその港からコンテナを購入することができます。


4B.「船を動かす」アクションで,船を中央の島に着け,船のコンテナを一まとめにして競りにかけます。
・これが手番の1つ目のアクションでも手番は終わりになります。

◇ 競り
  ・手番プレイヤー以外のすべてのプレイヤーが競りに参加します。3回目の値付けです。
  ・全員が任意の枚数と額の資金カードを手の中に隠し,一斉に公開します。
  ・最高額が同点となった場合,同点のプレイヤーは同じ方法で追加額を入札します。最初の入札額+追加額が最終的な入札額になります。
  ・追加入札も同点の場合は,手番プレイヤーが誰を最高入札者とするか決めます。

◇ 競りの結果に対して手番プレイヤーは次の2つのどちらかを選びます。


   (1)最高入札額を受け入れてコンテナを売却する
        → 最高入札者から代金を受け取り,さらに同額を銀行から受け取ります。
        → 落札したプレイヤーはコンテナを島のそのプレイヤーのエリアに配置します。


   (2)自分でコンテナを引き取る
        → 最高入札額分を自分が銀行に支払います。
        → コンテナを島の自分のエリアに配置します。


  4C 「船を動かす」アクションで,船が公海で移動を終えると
      → 何も起きません。

■ ゲームの終了
 ストックからコンテナのうち2色がなくなったら,そのプレイヤーの手番の終わりにゲームは終了します。


■ 決算
 〇 島のコンテナ
  ・島の自分のエリアにあるコンテナを色で分類します。
  ・各プレイヤーが持っているコンテナ価値カードにはコンテナ1個あたりの価値が書かれています。
  ・5/10の色はコンテナが5色すべて揃っていれば特典として$10,いなければ$5です。


  ・自分の中で最も個数の多い色のコンテナをすべて捨てます。同数の場合はプレイヤーが捨てる色を決めます。ただし,その中に5/10の色が含まれているときは,5/10の色を捨てます。
  ・最も個数の多い色を捨てても5色揃った特典は消えません。ただし,5/10の色自体が捨てられると特典も消えます。


 〇 他のコンテナ
  ・船に載っているコンテナ1個につき$3,港湾集荷場にあるコンテナ1個につき$2になります。工場集荷場のは$0です。

 以上のコンテナ代金を銀行から受け取ります。

 〇 借用証書
  ・借金についてはあとで説明しますが,ゲーム終了時に借用証書1枚につき$11を銀行に支払います。


■ 勝敗
  ・獲得資金の最も多いプレイヤーの勝ち。
  ・同点の場合,島に所有していたコンテナの数が多いプレイヤーの勝ち。
  ・それも同点なら両者勝利。


■ 資金とコンテナ価値カード
  ・コンテナ価値カードはゲームの最初に配られます。そこに書かれている内容は1人1人違います。
  ・コンテナ価値カードと手持ちの資金は他のプレイヤーには見せないようにします。
  ・それではコンテナ価値カードを配ります。


■ 借り入れ
  ・いつでも銀行から資金を借り入れることができます。
  ・銀行から借用証書カード1枚と$10を受け取ります。
  ・借用証書カードは同時には2枚までしか持てません。
  ・自分の手番中(ただし利子を払った後),いつでも全額($10)を返済して借用証書カードを返すことができます。2枚分返済することもできます。


■ 利子支払いと差し押さえ
  ・手番の最初に借用証書カード1枚につき$1の利子を支払います。これは1アクションには数えません。

 〇 差し押さえ
  ・支払えない場合,銀行は島にあるコンテナ1個を差し押さえてストックに戻します。
  ・島にコンテナを持っていない場合,港湾集荷場のコンテナ2個を差し押さえます。それを満たせない分は工場集荷場のコンテナを差し押さえます。
  ・コンテナを全く持っていない場合は,倉庫1個または工作機械1個を差し押さえます。ただし,ハイフン(-)と$6の工作機械と,ハイフン(-)と$4の倉庫は差し押さえられません。
  ・差し押さえ可能な物件がない場合は,その手番に限り,支払いと差し押さえを免れます。
  ・いずれの場合も差し押さえる物件を選ぶのは,右隣のプレイヤーです。


■ 国内販売(これは初心者向けルールです)
  ・手番の最初に(利子の支払いがあれば支払いの次に),行うことができます。これは1アクションには数えません。
  ・工場集荷場にあるコンテナ1個(ない場合は港湾集荷場にある1個)をストックに戻し,$2を受け取ります。
  ・自分の,ゲーム最初の手番には行えません。最初の1巡にはできないということです。

ーーー

編集履歴

2018/5/9 投稿
2018/8/6 出荷場→集荷場。図版を添付。
2018/8/13 セットアップ


0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
malts_yさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 73興味あり
  • 95経験あり
  • 19お気に入り
  • 57持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力8
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルコンテナ
原題・英題表記Container
参加人数3人~5人(90分~120分)
対象年齢未登録
発売時期2007年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインフランツ・ベノ・デロンジェ(Franz-Benno Delonge)
アートワーク未登録
関連企業/団体バレーゲームズ(Valley games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

malts_yさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク