マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

1911 アムンゼンVSスコット1911 Amundsen vs Scott

南極点人類初踏破をテーマにした2人用ゲームです。その実は苦しい手札マネジメントを強いられる、コマを進めるゲームでした。実話がテーマなので、数枚のカードが切なさを誘います。


▼ゲームの概要

各プレイヤーは、それぞれスコット(イギリス)とアムンセン(デンマーク)の一方を担当し、南極観測船に自分のコマを置きます。

最初の手札が配られ、山札から3枚並べたらゲームスタートです。

※後で触れますが、写真には同梱されている拡張が2つ映っています。


スコットのプレイヤーから始めます。

手番では、手札から1~複数のカードを出してプレイするか、カードを1~3枚補充するかのいずれかを行います。

カードを出す場合、自分のコマの1つ先のマス目と対応する色のカードでコマを進められます。
この時、一気に複数のマスを進めることができますが、2歩目以降は、2枚ずつ必要となります。
また、スコットには青、アムンセンには赤のマス、後は共通で黄色と緑のマスしかありません。つまり1色は不要な色となります。

さて、2つ目の補充ですが、こちらで不要となった色のカードも活躍することができます。

カードの補充は少し特殊で、以下の3つから1つを行います。

・山札から一番遠い1枚を取る

・手札から1枚捨て、山札から遠い2枚を取る。

・手札を3枚捨て、3枚取る。


ポイントは、カードを捨てる際に効果を発動するカードがあることです。
基本的に自分が得になる効果や、相手が不利になる効果が多いので、ぜひ使っていきたいところです。

ゲームが進んでいくと南極点に近づいていきます。

ここで史実にもあり、システムに対応している点として、「コンパス」というカードがあります。これはジョーカーで、1枚で1マス進むことができますが、ある一定以上行くと、逆に1歩戻ってしまい、最後の2マスは持っていると「入れないマス」になっています。

南極点ではコンパスが役に立たないんですね。


これ以外に、相手を遭難させるカード、遭難した際は通常のカードプレイではなく、元のコースに戻るためのアクションが必要になったりします。

そして最後の南極点は「4色のカードが1枚ずつ」必要です。

うまく相手を出し抜き、いち早くゴールにたどり着けるのはどちらでしょうか。


▼プレイの感想

じりじりしたプレイが主かな、とも感じ取れるゲームですが、そこが何とも「南極点への過酷さ」を示しており、何とも楽しい瞬間です。

そして、このゲームにはバリアントが4種もついています。

その中の1種で、「帰還路」というものがあり、帰り道も進まなければなりません。

というのは、史実ではアムンセン、スコット、共に南極点にたどり着いているのですが、なんとスコットは途中で息絶えてしまいます。しかもそこはなんと観測船から70メートルのところで嵐に数日間巻き込まれてしまったため、という悲劇に沿っています。

余談ついでに、このゲームを遊ぶ前にWikipediaでもいいので、調べてみることを特にお勧めします。
後、犬好きは遊ばない方がいいかもしれません。ぐぅ、ってなりますよ。(意味深)


あ、プレイのヒントみたいな話ですが、相手は遭難させましょう。特に負けているときは。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:atckt
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 9経験あり
  • 1お気に入り
  • 10持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル1911 アムンゼンVSスコット
原題・英題表記1911 Amundsen vs Scott
参加人数2人用(20分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2013年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 31
    名に参考にされています
    投稿日:2020年08月09日 01時48分

    南極点人類初踏破をテーマにした2人用ゲームです。その実は苦しい手札マネジメントを強いられる、コマを進めるゲームでした。実話がテーマなので、数枚のカードが切なさを誘います。▼ゲームの概要各プレイヤーは、それぞれスコット(イギリス)とアムンセン(デンマーク)の一方を担当し、南極観測船に自分のコマを置きます。最初の手札が配られ、山札から3枚並べたらゲームスタートです。※後で触れますが、写真には同梱されている拡張が2つ映っています。スコットのプレイヤーから始めます。手番では、手札から1~複数のカードを出してプレイするか、カードを1~3枚補充するかのいずれかを行います。カードを出す場合、自分のコマ...

    atcktさんの「1911 アムンゼンVSスコット」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿