マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 90分~110分
  • 12歳~
  • 1999年~
  • 55
    名に参考にされています
    投稿日:2019年08月07日 17時26分
    線路敷くか株券取るか ただそれだけだけど決算カードが出ると悲喜こもごも。ある意味存在感のある決算カードの出現を是非体感しよう。あまり難しくない株鉄道ゲームの決定版。かぶさんの「ユニオン・パシフィック」のレビュー
  • 107
    名に参考にされています
    投稿日:2017年04月23日 22時06分
    ユニオン・パシフィックは1999年のアラン・R・ムーンの作品です。アクワイア(1962年)というホテル・チェーンの吸収合併のゲームに鉄道の線路引きを組み合わせるとどういうゲームになるのか。アクワイアでは自分のホテル・チェーンというものはなく,プレイヤーはホテル・チェーンに投資(株を購入)するのでした。そしてホテル・タイルをつなげてチェーンを大きくするとホテル・チェーンの株の価値が上がりました。ユニオン・パシフィックでは鉄道路線を1つ敷くたびに鉄道会社の株の価値が上がります。鉄道なので路線を敷くためには路線の連続とか線路の種類とかの制約があります。そこで,ある路線を敷くことで他の会社の拡張...malts_yさんの「ユニオン・パシフィック」のレビュー
  • 122
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月12日 12時08分
    「チケット・トゥ・ライド」などでおなじみ、アラン・ムーン氏の(私が知る限り)元祖鉄道ゲームです。ぱっと見はチケライに似てますが、内容的には似て非なるもの。と言うか鉄道ゲームと紹介しておきながら実際競うのはお金なのです。まあゲーム中手に入れたお金が使われたり減ったりはせず純然たる勝利点として扱われているので、やはりマネー、投資のゲームと言うよりは鉄道のゲームと言った感じでしょう。舞台はアメリカ。プレイヤーはボード上に張り巡らされた鉄道網に全10種類の鉄道会社から選んだ列車を配置して株券を獲得し、保有する株券の多さに応じてゲーム中四度行われる決算の際に配当をもらいます。配当の額はボード上に配...大石さんの「ユニオン・パシフィック」のレビュー

会員の新しい投稿