マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 15分前後
  • 8歳~
  • 2014年~

この町は2-4人のボクらにも狭すぎる鉄狼(てつろー)さんのレビュー

80
名に参考にされています
2016年12月12日 00時44分

『この町は2〜4人のボクらにも狭すぎる』は一言で言えば「タイル合わせをして行う陣取り」です。
タイトルが最近のライトノベルっぽいですが、ストーリーはカウボーイとなって囲いを作り自分の領土を広げていくのが目的です。
タイルをただ、つなげていくだけですがオプションルールもあり、狭いながらに深いゲームになっています。

プレイ人数:2〜4人用 対象年齢:10歳以上 プレイ時間:20分〜30分


タイルの山札から1枚めくり、場に出ているタイルに辺を合わせるようにくっつけます。
タイルに書かれている策の絵柄が一周回ったら、点数計算を行います。
点数計算は自分の焼印よりも一段階低い数の焼印が点数になります。
例)黄色:4、赤:2、緑:2,青:1の場合、黄色は2点、赤と緑が1点獲得します。

このようにタイルを各プレイヤーがつなげていき、タイルがなくなったらゲーム終了です。

『この町は2〜4人のボクらにも狭すぎる』の特徴はタイルをくっつけるだけのシンプルなルールの中に
自分の点数を稼ぐためには他人にもプラスになるよう動かなければならない部分です。
大きく柵を用意するために広げすぎても他の人が点数をとってしまうし、狭いと負けてしまう。

そのバランスが絶妙ですね。

また、特殊なタイルを柵で囲むことにより、柵で囲われていないタイルを動かせるなど逆転要素や
戦略性も高いゲームになっています。

問題点は点数計算のルールがやや複雑なところでしょうか。
カウントできる道具もありますが、小さいので扱いづらいのがネックです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
鉄狼(てつろー)さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 20経験あり
  • 1お気に入り
  • 25持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルこの町は2-4人のボクらにも狭すぎる
原題・英題表記This Town Ain't Big Enough for the 2-4 Of Us
参加人数2人~4人(15分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2014年~
参考価格1,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

鉄狼(てつろー)さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク