マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分前後
  • 8歳~
  • 2007年~

テーベ / テーベの東クロさんのレビュー

194
名に参考にされています
2017年12月29日 08時35分

プレイヤーは考古学者になって遺跡発掘を行い、名声=勝利点を稼ぐゲームです。
いろいろと独特なゲームシステムが採用されており、独創的なゲームという印象です。
1,時間経過
プレイヤーのアクションには移動するのもカードの獲得、遺跡発掘に至るまでどれだけの時間経過するかが決められており、ボードの周辺上にある時間経過をしめす数字を元に各プレイヤーの現在時間が管理されます。そして、「現在最も時間を使っていない」プレイヤーが手番プレイヤーとなります。(パッチワークのようなシステムと言えば通じるでしょうか?)
これにより連続手番を狙って行動するなどが非常に重要になってきます。また、遺跡発掘するときにどれだけの期間を発掘に費やすかも重要な駆け引き要素になります。
2,遺跡発掘
遺跡発掘は自分が持っている知識を元に決められた枚数だけ、袋からタイルを引きます。
この袋から得点のついた遺産や発掘に使える知識タイル、そしてハズレの砂が入っており、遺産を引き当てた後に砂タイルだけを袋に戻します。よって、発掘が進むと袋の中の砂ばかりになって得点の出てこない枯れた遺跡になってしまいます。
そこで先に遺跡発掘に行くか、知識を蓄えに行くかのバランスで悩むことになります

発掘できるタイルの数を決める円盤のエンコーダーも非常に面白いです。これをくるくる回して次の行動を考えるだけでも楽しいです。
得点の獲得方法が運要素が強いため、プレイスタイルや嗜好によっては好き嫌いが分かれるかもしれません。自分が遊んだときは引くアクションだけでもすごく盛り上がって楽しかったです。

袋からジャラジャラとタイルを引く、エンコーダを回す、時間経過を考えながらアクションを考える。
どのルールもが非常に良いかみ合い方をして、楽しいゲームでした。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ナトハラ
クロさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 90興味あり
  • 342経験あり
  • 87お気に入り
  • 249持ってる
プレイ感の評価
運・確率9
戦略・判断力9
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見4
作品データ
タイトルテーベ / テーベの東
原題・英題表記Thebes
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2007年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

クロさんの投稿

会員の新しい投稿