マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

サイドリアル・コンフルーエンスSidereal Confluence: Trading and Negotiation in the Elysian Quadrant

生体も文化も発展も違う9種族が宇宙で出会い、新しい社会を作り上げる。4-9人用の交渉ゲーム。

プレーヤーは各エイリアン文明の代表であり、自分のエイリアンを勝利させるため、各種リソースを取引し、共通技術を開発していきます。
技術はすべてのプレーヤーの能力を向上させ、発明した者に多くの勝利点を与えます。
プレーヤーは経済を改善するためにコロニーに投資したり、個人のカード(コンバーター)を使用してリソースを勝利点に変更します。ゲームの目的は6ターンの終了時に最も多くの勝利点を獲得していることです。

1ターンは以下の3フェイズで構成されています。
取引フェイズ
経済フェイズ
コンフルーエンス(共通とか合流とかの)フェイズ

ゲームの中心は取引フェイズに集約され、経済、コンフルーエンスフェイズはその成果を受け取り、次のターンに対しての準備になります。

そんな取引の中心になるのはリソースです。
このゲームのカードは多くは入力と出力を持つコンバーターと呼ばれるもので、例えば黒リソース1つを入力すれば、緑リソースを2つ出力する、というようなものになります。
そんなカードを持っているのに、自分は黒リソースを持っておらず、隣の誰かが持ってるそれを手に入れるため自分には必要のないリソースをはき出し、黒リソースを手に入れる取引が生まれます。

しかし取引できるのはリソースだけではありません、そんなコンバーターを持つカードに、コロニー、宇宙船、そのほとんどすべてが取引の対象になります。
そして取引に関しては新しい社会を作り出す友好的な関係ということか、嘘はつけません。

そして何よりも、9種族全てに別々のルールやカードが存在するためプレーヤーの取引事情が異なっています。
好きなリソースを4つ入力すれば同じ色のリソースを6つにするコンバーターがあるのに、自分では使えない利息コンバーターを持つ種族や、古代文明を持つ種族、宇宙船で生活しているためコロニーを持てない種族に、帝国を持つ種族など……

そんな多様な中から、自分に合った種族を選び、新しい社会を作りつつ、自分の種族を勝利に導く。
そんなゲームなのです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. Nishiya_SNishiya_S
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 17経験あり
  • 4お気に入り
  • 8持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルサイドリアル・コンフルーエンス
原題・英題表記Sidereal Confluence: Trading and Negotiation in the Elysian Quadrant
参加人数4人~9人(120分~180分)
対象年齢14歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿