マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 10分前後
  • 12歳~
  • 2021年~

セブンクォーツNQrate(のれーと)さんのレビュー

184名
4名
0
3ヶ月前

能力構築型ブラックジャック!

タイマンで行うブラックジャック。0~3のカードを引くか引かないか選んで7を目指す。
ブラックジャックがベースなのでここはわかりやすいし、単純です。

ですが、スキルの要素が加わるだけで相当幅が広がります。


まずキャラクターを選択します。(チュートリアル用キャラを除けば)7人いるのですが、それぞれ個性が非常に豊かです。これについては後述。

そしてキャラごとに設定された4つのスキルから2種類を選択します。

これでバトルの舞台は整いました。

このゲームのミソは「最初に配られる裏向きのカードが自分も相手もわからない」という点。「じゃあ運ゲーじゃねえか!」と言われると否定しづらいが、0~3のカードの枚数には偏りがあり、山札が尽きるまでカードはシャッフルされないのでカウンティングなどである程度目処がたつ。2が一番多いため、公開カードで5を作っておくのが定石なのだが、ここぞのタイミングで0を引いて弱くなったり、まさかの3でバーストしたりする。このドラマすらも面白い。

そして最大の特徴であるスキルなのだが、特定のカードを手元に引くことで発動される。2を引いたら2のスキルが発動できる。これは当然自分の数字に加算されてしまう。これがなかなかもどかしく、ここで2や3を引いたらバーストして大ダメージになる危険性があるがスキルのために多少のリスクを負うかどうか、という選択肢が生まれる

また、スキル発動のためには魔石を消費する必要がある。
魔石は、今までのゲームで自分の引いたカードがそのまま魔石に変換される。
そして、先ほど記述したダメージの値は、そのゲームで自分が引いたカードの枚数である。
つまり、魔石を貯めるためには大ダメージを覚悟で集めなければならない。
さらに、バーストした場合は2個分の魔石しか手に入らない。
仮に5枚引いてバーストした場合、5ダメージを受ける上に魔石は2個しか得られない。
バーストは百害あって一利なし。このジレンマがゲームを非常に面白くしている。

0のカードを取ることで発動するスキルはどれも強力だがそもそも枚数が少ない上、ダメージの値も増えるのでハイリスクハイリターンとなる。


7人のキャラのスキルが七者七様でいろいろな組み合わせを試したくなります。

魔石として獲得した数字を使ってダメージを与える者、盤面を操作して相手のバーストを誘発させる者、最大HPは少ないが回復スキルで耐久する者、一発で11ダメージを与えられる者…

個人的な印象ですが、どの組み合わせにしても大差になることはあまりなく、だいたい接戦になる気がします。ゲームバランスが相当整えられている印象でした。

何度も繰り返しプレイしたくなる。2人用ボードゲームの中でもかなりお気に入りのゲームです。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
ねこじたのヒロ
ばんけ
びーている / btail
clevertrick
勇者
NQrate(のれーと)
NQrate(のれーと)
シェアする
  • 45興味あり
  • 68経験あり
  • 24お気に入り
  • 70持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

会員の新しい投稿