マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

レッド7Red 7

5/10

イノベーションのデザイナーの超短時間で終わるカードゲーム。

7色の1〜7のカードがあり、手番には1〜2枚カードを出していくだけなのだが、かなり頭を使う。

なぜなら、毎回カードを出し終わったときに、勝利条件を満たしていなかったら即負けになるからだ。

どういうことかというと、このゲームは出したカードの色によって、ルールがころころ変わる。

手札7枚でスタートして、最初は赤色のルールで「1番強いカードを出した人が勝ち」というルールになっている。

だがこれは7を出したプレイヤーが当然強く、同じ数字なら赤が最強なので、実質、最初の手番に赤の7を出されたら、次のプレイヤーは同じルールでは決して勝つことはできない。

そこで、ルールを変える必要が出てくる。

このゲームでは、カードを出す場所が2箇所あって、自分の手前に置く以外に、ルールを変える専用カード置き場があり、ここにカードを出すことによって、ルールを変えることができる。

例えば、3以下のカードを1番多く出しているとか、同じ数字を1番多く出しているとか、連番で1番多く出しているとかそんな感じ。

そのルール変更をしても、勝利条件を満たせなかった瞬間に負けるというかなりシビアなゲーム。

ちなみにカードを出す方法は「①自分の前に出す」「②ルール変更カードを出す」「③ ①と②を両方をやる」の③種類があるが、スタンダードルールでは手札補充ができないため、最後は詰みみたいなかたちになる。

このときの気分が苦行のようでかなり苦しい笑 本当に5分とかで終わるゲームなんだけど苦しい笑

上級ルールになると、手札補充ができたり、奇数のカードのアイコンを強制発動したりとバリエーションもあるが、基本的にキツイのは変わらない笑

5分で終わるとはいえ、ゲームに慣れていない人にはかなりストレスのたまるゲームだろうし、ゲーマーには運の要素が結構高いので、出しどころが難しいが、この苦行を楽しめるマゾゲープレイヤーであればオススメのゲーム。

個人的にはそこそこ面白かったが、運要素が比較的に高いマゾゲーがあまり合わなかったので、この評価。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:白州
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 36経験あり
  • 6お気に入り
  • 15持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルレッド7
原題・英題表記Red 7
参加人数2人~4人(5分~30分)
対象年齢9歳から
発売時期2014年~
参考価格1,393円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 85
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月22日 10時25分

    5/10イノベーションのデザイナーの超短時間で終わるカードゲーム。7色の1〜7のカードがあり、手番には1〜2枚カードを出していくだけなのだが、かなり頭を使う。なぜなら、毎回カードを出し終わったときに、勝利条件を満たしていなかったら即負けになるからだ。どういうことかというと、このゲームは出したカードの色によって、ルールがころころ変わる。手札7枚でスタートして、最初は赤色のルールで「1番強いカードを出した人が勝ち」というルールになっている。だがこれは7を出したプレイヤーが当然強く、同じ数字なら赤が最強なので、実質、最初の手番に赤の7を出されたら、次のプレイヤーは同じルールでは決して勝つことは...

    白州さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 67
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月02日 01時09分

    RED7は1~7のカード×7色の全49枚で遊びます。開始時は手札7枚、自分の場(パレット)に1枚カードがある状態で始まります。このゲームは自分の場札が他のプレイヤーより強くなるように場にカードを出していき、最終的に最後まで生き残れば勝ちです。この説明だけだと単に強いカードを引いた人が有利なゲームに見えてしまいますが、このゲームの最大の特徴がカードの強弱を決めるルールを自分で変えられる点にあります。・ルール変更自分のターンでできることはパレットと呼ばれる自分の場にカードを出す他に、共通のキャンパスと呼ばれる場がありそこにカードを出すことによって全7種、それぞれの色に対応したルールへと変える...

    うさぎさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク