マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ピクスPIX

ドット絵でお題を作ろう

4〜9人用。出されたお題の絵を磁石タイルをボードに貼り付けて作ります。ボードにはマス目が書かれており、磁石タイルはマス目に合わせて置かないといけない(例外あり)ため、ドット絵のようになります。チーム戦の場合は、より少ないピースで作った方から先に見せることになります。
絵の上手い下手は問われない、様々な年齢層で楽しめる作品です。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. kamijo_lipkamijo_lip
マイボードゲーム登録者
  • 41興味あり
  • 162経験あり
  • 18お気に入り
  • 74持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見6
作品データ
タイトルピクス
原題・英題表記PIX
参加人数4人~9人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2012年~
参考価格4,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 190
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月01日 09時13分

    8/10最近、話題の「ポンコツペイント」をドットでやっちゃおうぜ的なパーティーゲーム。黒いドットは1点分、赤いドットは4点分、L字の赤ドットは2点分で、お題にそってイラストをつくり、点数が低い人から公開することができる。当ててもらえば得点。ポンコツペイントなどの類と違うのは、あちらは、回答者が1人に固定されているが、ピックスは、もともとボードで色分けがされていて、チーム分け(だいたい3チーム)されており、それで同時にみんなでつくる点。これにより、1度の制作タイムが終わって3回のクイズができるので、ポンコツペイントなどに比べてスピーディ。ちなみに1回クイズが終わると、ボードを回すので、毎回...

    白州さんのレビューを読む
  • 114
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月27日 15時16分

    【どんなゲームか?】お題のテーマをドット絵で表現し、他のプレイヤーに自分のドット絵を当ててもらうゲームです。【こういう人におすすめ】自分の手を動かす、想像力をつかう、アイディア、インパクト、クイズ、画伯のテーマがお好きな方はとてもおすすめします。【プレイしてみて】人数が多いほど、ワイワイ遊べるボードゲームです。当ててもらうことができず自分の得点にならないことも多くありますが、正解を聞いてまさかの答えが出てくることもあるので「ワッ」と盛り上がることもあります。【私のハウスルール】砂時計が落ちてしまうとドットを作る時間が無くなるというルールなので、まだ作っている途中のプレイヤーがいたらドット...

    影千代さんのレビューを読む
  • 128
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月18日 19時35分

    【雑感】お題に対して9×9のボードと黒、赤のドットを用いて絵を描き当ててもらうパーティゲーム。制約上絵心が求められない為、絵に自信が無い人でも気軽に参加しやすいのがメリット。【運・確率】お題カードの引き運あり、難易度が様々なので難しいお題だと答えが出ないことも。【戦略・判断力】戦略性は特に無し。他のプレイヤーの絵を当てることでも得点が入るので、判断力というか想像力は重要。【交渉・立ち回り】得点は下がるものの、ヒントを出せるルールがあるので多少の交渉要素あり。【心理戦・ブラフ】本項の要素は皆無。【攻防・戦闘】本項の要素は皆無、和気あいあいと盛り上がろう。【アート・外見】パッと見で分かりやす...

    村崎神社さんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 130
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月27日 14時57分

    コツは、他のプレイヤーから見て分かりやすいこと。ドットの少ない人から作品を発表できるため、なるべく少ないドット数でつくることです。作りやすいのは、マッチ棒、戦車、船がイメージしやすく作りやすいと思います。逆にダンサー、サメなど細かいものは、イメージはできるが正しい答えにたどりつかず別の答えにたどり着いてしまうのものも多くあります。使いやすいドットは「L」です。特定の部分に「L」を矢印として使用すれば正しい答えに結びつくことも何回かありました。

    影千代さんの戦略やコツを読む

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク