マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

忍者刀Ninjato

忍術を駆使し次々現れる敵と戦闘、氏族の勢力を手に入れ最強の忍者を目指せ!

時代は12世紀、源氏と平氏が台頭し、後白河家も交えて勢力争いが盛んになっていたころ。忍術を身につけ屋敷を征服し、お宝を手に各勢力を味方につけて戦いましょう。

3人の忍者(手裏剣駒)を配置し、アクションを行います。できるアクションは5つです。

①道場に通う
攻撃力補正などの便利な忍術を得られます。

②道場札を手に入れる
攻撃に使うカードを得られます。

③屋敷で戦闘
表から正面突破するか、裏からひっそり忍び込むかを選ぶことができます。これにより、次々出てくる敵の値を常に上回るか常に下回るかを選択できます。
また、家を守っている敵は1人ではありません。宝をひとつとると、万歳!と宣言することでまた次の宝を守る敵が現れます。まれに強豪が現れるので、注意しましょう。
途中で撤退しそれまで得た宝を持ち帰ることもできますが、その家の宝を全てとりきると、家の家紋を変えることができます。

④氏族を味方につける
お宝を献上して氏族を味方につけます。氏族は源氏・平氏・後白河のいずれかの勢力に属しています。それぞれ年齢があり、年齢の高い人物ほど勢力が高くなります。
また、献上したお宝に応じて勝利点が入ります。

氏族ごとに勢力で1,2位をとると、ラウンドの区切りで勝利点が入ります。勝利点は屋敷の家紋が多いほどたくさん入るので、戦闘をして味方の氏族の家紋を広げておきましょう。

⑤風カードをとる
ゲーム終了時に条件を満たすと勝利点が入るカードです。お宝が必要で、使ったお宝にあわせて勝利点も入ります。

次々敵が現れる戦闘システムが緊張感があって楽しく、勢力争いも程よく戦略とその場に出た氏族(運)によって左右される、要素の数や考えるバランスが優れたワーカープレイスメントです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 21興味あり
  • 53経験あり
  • 7お気に入り
  • 40持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル忍者刀
原題・英題表記Ninjato
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢12歳から
発売時期2011年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 169
    名に参考にされています
    投稿日:2016年06月21日 13時05分

    外国で作られた忍者がテーマの作品ということで、パッケージから地雷臭が・・・笑ただ、実はしっかり作られたワーカープレイスメントということで、プレイ。ワーカー駒は手裏剣でした。戦闘に向かう宣言は、バンザイでした。実際にバランスもよく、たまたま勝てたのもありかなり好きでした。戦闘が面白かったのと、特にいいなと思ったのは氏族の勢力。氏族の勢力が3つで、プレイヤーは4人だったため、必ず1人は他のプレイヤーと競合するし、どの氏族と仲良くするのか悩むことになる。氏族カードはラウンドごとにしかめくれず、自分のとりたい氏族が来ないこともあって、程よく運要素があった。カードに書いてあるローマ字の名前がKei...

    まつながさんの「忍者刀」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿