マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~8人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 1993年~

ロボ77村人Cさんのレビュー

80
名に参考にされています
2017年06月07日 00時29分

場のカードの合計が77を超えないようにするバーストゲーム。

初めに全員に数字カードを4枚とチップを3枚配る。

プレイヤーは場に出ているカードと出すカードの合計を声に出して山札から1枚引く。

これを順番に行い、合計77を超えたらバーストし負けとなり、チップを1枚失う。

このチップを3枚失うと負けになる。

ここで終わるか脱落式にして勝者を決めるかはその場で決めるといい。

カードには-10するカード、次の人は2枚出さなくてはいけない「×2」カード、順番が逆転するカードがある。

-10は初手で出すと0ではなく-10からスタートになる。

76カードもあり、初手で出すといきなりリーチがかかるがそれ以外では自爆カードと化し、順番逆転カードでカウンターを食らったりする。

このゲームのある意味最もチップを稼ぐ要因となりうるルールがある。

合計がゾロ目になるカードを出すと問答無用でチップが1枚失う。

気にしているときはそうそうならないのだが、場が76の時にうっかり-10を出すと66になりゾロ目でチップを失う羽目になり、初手はなるべく大きな数字を出したいがために55等の大きいゾロ目カードをうっかり出してまたチップを失う事も多々ある。

また、カードを出した後に山札から引き忘れるとそのまま続行となり選択肢が減ってしまう。

このルールを逆手に取り、前の人がカードを出した瞬間に数字が0のカード(特殊カードも数字は0として扱う)を出し、前の人がカードを引く前に手番を終了させるという力技もできる。


足し算引き算ができれば誰でもできるインストいらず。

ゲーム会や飲み会の場であると盛り上がれるハズレの無いゲームである。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
村人Cさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 0興味あり
  • 25経験あり
  • 2お気に入り
  • 21持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルロボ77
原題・英題表記LOBO 77
参加人数2人~8人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1993年~
参考価格1,512円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

村人Cさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク