マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ジョリーとロジャーJolly & Roger

海賊となり宝を集めよ

 テーブルの中央には4隻の船が置かれます。手番プレーヤーは山からカードを5枚とり表にします。そしてこの5枚を2つのセットに分けます。1つのセットにはカードが少なくとも1枚多くても4枚入るようにします。そして相手プレーヤーは、どちらか1つのセットをとり、そのカードをすべてプレイします。それそれのカードの表面には色と数字が表示されています。同じ色の船の自分側にカードを表にしておくことができます。この時、その船の両側に置かれているカードの合計を比べ、自分のほうがより大きい場合はそこに自分のコマを置きます。元々相手のコマが置かれていたらそれを取り除きます。なお、裏向けにしてカードを置くこともできます。この場合どの船に置くこともできますが、数字は「1」になります。
 また、すでに自分のコマが乗った船のカードを持っている場合は、船にプレイするのではなく、そのカードを自分の宝箱の中に入れることができます。これが勝利点となります。
 相手プレーヤーがセットのカードをすべて船にプレイするか宝箱に入れたら、手番プレーヤーが自分のセットを同様にプレイして、手番が相手に移ります。これをすべての山のカードがなくなるまで行います。
 ゲーム終了時に、自分のコマが乗っている船からボーナスポイントが得られます。合計ポイントの多いプレーヤーが勝ちです。
 上級ルールでは、3種類のスペシャルカードが加えられます。これらは普通のカードに混ぜて使います。
 「ガイコツ」はどの色のカードとしても「3」として使えます。ただし、宝箱に入れることはできません。
 「クラーケン」は相手の船に置かれているカードを1枚ゲームから取り除くことができます。
 「トルツゥガ」は裏向きの船にプレイされている自分のカードを表にします。このとき船の色とカードの色が違っても問題ありません。
 表にした5枚のカードをどの組み合わせで2つのセットにするかがポイントのゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 37経験あり
  • 0お気に入り
  • 17持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルジョリーとロジャー
原題・英題表記Jolly & Roger
参加人数2人用(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格2,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 138
    名に参考にされています
    投稿日:2018年03月26日 16時43分

    6/10「もっとホイップを」とか「ニューヨークスライスピザ」のような切り分けシステムを2人用にした感じのゲーム。ルールは簡単で、4色の海賊がいて、自分が受け取った海賊を自分の前に置くことができる。海賊には数字がついていて、相手よりもその色の数字の合計が大きい海賊が場に置いてある場合、新たに手に入れた同じ色の海賊カードをそのまま得点にできる。これが高い方が勝ち。だが、ケーキ切り分けなので、自分が切って相手が先にとるというのを繰り返すので、とても悩ましい。また、ついつい得点を稼ぎたくなるが、カードが1番大きくても5点なのに対し、ゲームの最後に場に出している各色の数字が大きい方に船ボーナスがあ...

    白州さんのレビューを読む
  • 136
    名に参考にされています
    投稿日:2017年02月16日 18時54分

    海賊の乗組員を配置して船を乗っ取る、二人でシンプルに楽しめる陣取りゲーム。プレイヤーはそれぞれ黒か白の色を担当する。勢力(右上に書いてある点の合計値)の強いほうが、その船を乗っ取れる。乗っ取りは相手のミープルをどかし、自分のミープルをその船に配置する。ゲーム終了時のみ決算するので、ゲーム中はどっちが勝ってるか目印になる程度。海賊の雰囲気は出る!ちょっと変わってるのが、海賊カードの分配方法。カード分配手番プレイヤーは山札に積まれた海賊カードを5枚引き、好きなように配分する。極端な話、1:4枚に分けてもいい。しかし配分した後は相手プレイヤーがどちらかを選択する。ここについては国産ボードゲーム...

    ぽっくりさんのレビューを読む
  • 108
    名に参考にされています
    投稿日:2017年01月31日 14時17分

    ジョリーとロジャーは海賊船に配置を奪い合ったり、宝箱の中に得点を確保して点数を獲得していく2人専用のボードゲームです。通常ルールと上級者用のルールが用意されていますが、追加カードが加わるだけで基本の流れは同じです。ボードゲームに慣れている方は上級者ルールから始めた方が断然面白いので上級者ルールがお薦めです。どちらのルールでも海賊船の色に対応した船員カードを配置して強さを比べ、合計値がより高い船員カードを配置した人が自分の色の船長コマを配置し、船長コマを配置されている船員カードのみを宝箱の中に自分の得点として確保という基本の流れは同じですが、上級ルールに追加されたスケルトン、クラーケン、ト...

    ままさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク