マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

人狼ビギナーズJinro Beginners

定番ルールと1回ルールが楽しめる初心者向けスターターセット

ここから人狼をはじめよう! 初めての方にもコレクターの方にもおすすめ!

Take Tale Table(略してTTT)が贈る超絶インパクト! 定番ルールと1回ルールが楽しめるハイブリット仕様の初心者向け人狼ゲーム。

●「人狼ビギナーズ」って?

「定番ルール」と「1回ルール」の2つを楽しめる初心者のためのスターターセットです。

3人から15人まで対応した「定番ルール」での人狼を楽しめて、さらに役職カード「逃走者」によっててシンプルな「1回ルール」でも遊べます。これ一つで普通の人狼ゲームと1回で終了する人狼ゲームを楽しめるので一挙両得! 3人から遊べるので、ちょっとした時間に友達や家族と遊べるし、お泊まり会や合宿などにもおすすめです。これから人狼ゲームをやってみたいと思っている初心者の方に、「まずはこれを使えばいいですよ」とオススメするためにつくりました。

●定番ルールとは

いわゆる普通の人狼ゲームのルールのこと。それに必要なカードを揃えています。

[人狼3枚・市民8枚・占い師1枚・霊能者1枚・騎士1枚・裏切り者1枚]ですね。人狼をやった方が1人でもいれば、その方がオススメするルールで楽しんでください。もちろんみんな初めて!というときでも簡単にできるように、「定番ルール・司会進行シート」が付いているので、それにしたがって読んでいくだけです。

●1回ルールとは

「役職の能力を使ったあと、話し合いをして、誰を追放するか決める」

これを1回のみ行います。

この時は夜とか昼とか、小難しい概念はまったく必要ありません。ほんとにシンプルに話し合いを1回だけする!ってことです。

短時間、わずか3人から遊べるので、スキマ時間に人狼タイム!

使う役職カードは、[人狼・市民・占い師・逃走者]です。ここででてくる「逃走者」ですが、勝利条件は「追放されたら勝ち」です。彼女(逃走者)は貴重なお宝を手に入れたので逃走の機会をうかがっています。それが「追放されたら勝ち」という設定につながっています。

ウソの役職をカミングアウトをしたり、発言を匂わせたりしながら、うまく票を集めて追放されましょう。

この「1回ルール」は初めて人狼ビギナーズを買っていただいた方にまずやっていただきたいですね。複雑なルールは一切なく、ただ追放されればいいというシンプルなもの。少人数で始められる初心者にとっては、ベストな人狼ゲームだと考えています。家族でもさっとできますよね!もちろん、同梱されている「1回ルール・司会進行シート」にしたがって読んでいくだけでいいんです。

「人狼ビギナーズ」で定番ルールも1回ルールもできます。1回ルールは特に初めて人狼のゲームをする人にとっておすすめです。これ一つで定番の人狼と、初心者向け・短時間・少人数の人狼を楽しめます。ひとまず2つの人狼ゲームで盛り上がれますね!

「人狼ビギナーズ」制作にあたっての想い  物語原作・プロデューサー・松浦しゅう

 ここからはすごく個人的な思いです。なぜ人狼ゲームの「ビギナーズ」なの?って思われた方もいるでしょう。そもそも人狼ゲームは欧州から古くから遊ばれてきたもので、誰でも好きなように遊べるゲームです。最近、たくさんのルールや役職が考えられていて、またアプリも数多く出てきましたが基本的にどんなルールで遊ぶかに制限はありません。人狼を楽しむお店やサークルもたくさんあって、一般的にもここ数年でちまたに浸透してきた感じもします。

・何を用意すればいいの?という悩み

 ただ、いざやってみたいと思っても迷う人っていっぱいいそうな感じがしています。「人狼」と名のつくものはたくさんあるし、まず何から手に取ったらいいのか・・・、そんな声をよく見かけていました。私自身も人狼ゲームに興味を持ったとき、同じように感じていました。だから、今回「人狼ビギナーズ」を製作してみようと思ったのです。

「人狼ビギナーズ」は初心者のために親しみやすく楽しんでもらうことを第一に考えてます。

・親しみやすくて愛らしいイラストで

 そもそも個人的な本音に端を発しているのですが、私は単純に「怖いもの」が苦手です・・・。そして製作したものを私の姪っ子にプレゼントしたい、そんなときに本当に怖そうなものをプレゼントするなんて無理です。自分がプレゼントしたくない物は作りたくない・・・。ただ人狼のかっこいい世界観は保ちたい! そう思って、イラストは「Take Tale Table」の誇る名デザイナーS2design佐藤に依頼。彼のセンスはほんと素晴らしくて、頼んだ私もすごく感動!親しみやすくて愛らしいキャラクターを描いていただきました。

・カードに込められたストーリーを

 そして、各カードのキャラクターにはそれぞれ物語があります。壮大な世界観が設定がされているのが「人狼ビギナーズ」の特徴です。私の考えは世界観こそもっとも大切にしたいと考えています。(ここは弊社開発者Nと価値観は合いませんが、むしろそれはそれでいいと思います)

 キャラクターたちの衣装や持っているアイテム、身体的特徴などすべてにストーリーがあります。本来、アナログカードには独特の愛着というものが生まれやすいものです。だからこそ、カード1枚1枚にしっかりと命を吹き込みたいなと思いました。「騎士」や「占い師」、「市民」、「逃走者」などそれぞれにストーリーを持っています。そして手に取る方々がそのストーリーをもとに、自由に想像して楽しむことも、あえてカードで人狼ゲームをする理由でもあるのではないかと考えています。「人狼ビギナーズ」にあなたの好みのキャラがいるか、ぜひ探してもらえるとうれしいです。

・初心者のみなさんにとって、手元に置いておきたいパーティーツールとして

 そもそも人狼ゲームは、トランプなどで代用し、ネットでルールを探せば、普通に楽しめます。ルールそのものは特別なものではないし、誰かのものでもない・・・お金をかけずに大いに盛り上がれるものなのです。本当に素晴らしい心理ゲームだと思います。

だからこそ、型にとらわれず、遊ぶ人たちにとって楽しければそれでいいと考えています。だから「人狼ビギナーズ」は特に「1回ルール」そのものはとにかくわかりやすくしています。初心者であれば「1回ルール」をやってみることをおすすめしますが、慣れてきたら家族や友達と「定番ルール」や好きなルールで遊んでみてはいかがでしょうか?

もし「人狼ビギナーズ」が人狼ゲーム初心者のみなさんにとって、楽しく盛り上がるパーティーツールになればこれほどうれしいことはありません。ひとりの人狼ファンとしての切なる願いであります。

文:

物語原作・プロデューサー 松浦しゅう

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. TakeTaleTableTakeTaleTable
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 2経験あり
  • 0お気に入り
  • 7持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトル人狼ビギナーズ
原題・英題表記Jinro Beginners
参加人数3人~15人(10分~50分)
対象年齢10歳から
発売時期2018年~
参考価格1,080円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 216
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月03日 14時42分

    1回ルールとは●1回ルールとは「役職の能力を使ったあと、話し合いをして、誰を追放するか決める」これを1回のみ行います。とてもカンタンなので初心者向けの人狼ゲームです。●チームと勝利条件人狼チームは「人狼」。市民チームに追放されないようにしましょう。市民チームは「市民、占い師」。「人狼」を見つけて追放しましょう。「逃走者」は、自分が追放されるように立ち回りましょう。●短時間・3人からこのときは夜とか昼とかはなく、ほんとにシンプルに「話し合いをして追放」を1回だけする!というものです。数分程度、わずか3人から楽しめます。●「逃走者」カード使う役職カードは、[人狼・市民・占い師・逃走者]です。...

    TakeTaleTableさんの「人狼ビギナーズ」のルール/インスト

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿