ハゲタカのえじきふーたさんのルール・インスト

93
名に参考にされています
投稿日:2017年02月26日 12時28分

【コンポ―ネント】

カード 105枚

 数字カード 6色×1~15まで各1枚

 ハゲタカカード -1~-5、1~10まで各1枚


【準備】

・数字カードは色別にわけ、各プレイヤーは同色の1~15のカードを1組受け取ります。

・ハゲタカカードはよくシャッフルして山札として場に置きます。


【ルール】

① ハゲタカカードの一番上の1枚をめくり、表にして横に置きます。

② 各プレイヤーは、手札から任意の1枚の数字カードを選び、自分の前に伏せます。

③ 全員そろったら、一斉に数字カードを表にします。

④ ハゲタカカードを取るプレイヤーを決めます。

・ハゲタカカードがプラスの点数の場合

一番大きい数字を出した人がハゲタカカードを取ることができます。

ただし、プレイヤー同士で数字が被ってしまった場合は無効となり、次に大きい数字を出したプレイヤーになります。

・ハゲタカカードがマイナスの点数の場合

一番小さい数字を出したプレイヤーが取ることができます。

ただし、プレイヤー同士で数字が被ってしまった場合は無効となり、次に大きい数字を出したプレイヤーになります。

⑤ ①~④を15回繰り返し、ハゲタカカードの山札がなくなったらゲーム終了です。


【得点計算・勝敗】

ハゲタカカードの数字を足し合わせてください。

合計得点の最も大きいプレイヤーの勝利です。

  • 興味ある(65人)
  • 経験あり(647人)
  • お気に入り(191人)
  • 持ってる(591人)
投稿イメージ
画像クリックで拡大します
プレイ感の評価
運・確率11
戦略・判断力16
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ19
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルハゲタカのえじき
原題・英題表記Hol's der Geier
参加人数2人~5人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期1988年~
参考価格1,400円
クレジット
ゲームデザインアレックス・ランドルフ(Alex Randolph)
アートワークウィルフライド・ゲブハルド(Wilfried Gebhard)ビョルン・ペルトフト(Björn Pertoft)フランツ・レイ(Frantz Rey)
関連企業/団体アミーゴ シュピール+フライツァイト(Amigo Spiel + Freizeit GmbH)アスモデ(Asmodee)コーフィクス(Corfix)

ハゲタカのえじきのルール・インスト

  • 76
    名に参考にされています
    投稿日:2017年06月12日 20時18分

    【追加ルール】様々なゲームでカウンティングをしていると有利に判断が下せますが、このゲームは以外と初心者にも人気のゲームなのでカウンティングを出来ないようにする方法です。まず、山札から3枚のカードをランダムで抜きます。それぞれのプレーヤーが15枚のをシャッフルし、右隣の人のカードからランダムで3枚を抜きます。合計12枚のカードをそれぞれが使い戦略を立てます。特に、2人の時にはカウンティングをしやすいためこの方法を使うと残っているカードによって戦術を臨機応変に変更しなければならないので面白いかもしれませんよ。

    続きを読む

ふーたさんのルール・インスト

会員の新しい投稿