マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 60分~90分
  • 12歳~
  • 2017年~

ヘブン&エール7件のレビュー

  • 283
    名に参考にされています
    投稿日:2019年06月26日 05時01分
    「ペッパー」や「アズール」が人気のミハエル・キースリング氏の作品。最近日本語版が発売された。ゲームはメインボードで獲得したタイルをプレイヤーボード上に配置していくことで進行する。メインボードは「好きなだけ進めるが一方通行のスゴロク」となっており、止まったマスにあるタイルを獲得することができる。タイルごとに価値が決められており、価値が高いものほど設置にお金がかかる。また設置場所によっても価格が変わり、日なたに置く場合日陰に置いた時の倍お金がかかる。基本的には価値の低いタイルを沢山買った方が効率が良いが、必要なアクションの数が増えるため、欲しいタイルを他プレイヤーに先に取られてしまう可能性が...山本 右近さんの「ヘブン&エール」のレビュー
  • 394
    名に参考にされています
    投稿日:2019年04月29日 21時36分
    あのアークライトによる完全なルールブックが付属する完全日本語版が6月に出るというヘブンアンドエール。ヘブンアンドエールなのかヘヴンアンドエールなのかヘブン&エールなのかヘヴン&エールなのか、表記の正解がわからないが、ヴは駆逐されるそうなのでとりあえずヘブンと書いていこうと思います。ブルゴーニュと双璧を成すくらい面白いタイル配置ゲームだと思います。ただ、現状では完全な日本語ルールブックがなく、それによってルールを間違えていた部分がちらほら。完全日本語版が出たらすっきりするとは思いますが、とりあえず毎ラウンドのゴールボーナスでスタピが取られていなかったら最後に入る人は必ずスタピを取らないとい...MC流れ弾さんの「ヘブン&エール」のレビュー
  • 202
    名に参考にされています
    投稿日:2019年01月27日 21時42分
    ゲーム名称:ヘヴン&エール(Heaven&Ale)2017年BGG7.3デザイナー:ミヒャエル・キースリング(MichaelKiesling):アンドレアス・シュミット(AndreasSchmidt)修道院でおいしいエールを作るために原材料を栽培しよう!小麦、水、ホップ、酵母などさまざまな資源があるが、特徴的なのはその得点計算法。まず監督官がいるマスを基準にレートが決まり、各資源の得点を計算するが、それをまずレートに従って平均化したところが得点になる。なので、特化して上げすぎても意味が無く、色々な資源をしっかりと上げていく必要がある。作物の価値を上げるには決算を起こすこと。決算を起こすに...ひめくりさんの「ヘブン&エール」のレビュー
  • 202
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月26日 11時37分
    修道院で美味しいお酒を造ろう!本当にあった話をボードゲームで体験できる形のものは多いですがこれもその一つかな。ただ、うまくシステムを理解してスタートしないと勝利点が悲惨な事になってしまいやすいのも特徴ですね。プレイ人数によってラウンド数が変わったり、他のプレーヤーの動きの癖も結構重要で考えている時間が結構多くなってしまうゲーム。重量級と呼ばれる時間のかかるボードゲーム好きは、だいたいやっているみたいですね。しっかりと研究されてる方も多く、目標勝利点は60~80点程度まで可能らしいです。まだまだ、そこまで回数が出来てないので、私は平均40点前後ですかね。わかってはいるつもりでもたまに20点...コンセプトカフェ好きさんの「ヘブン&エール」のレビュー
  • 417
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月23日 09時30分
    7/102018年エキスパートゲーム大賞ノミネート作品(2018/5/15追記)アズールのデザイナーが2017年に出した4作品のうちの1つ。王道ゲームシステムの融合体の優等生。具体的にいうと、ツタンカーメンとかテーベの東とかパッチワークのように後手番から手番を始めるシステムに始まり、カッラーラの宮殿などに見られる各プレイヤーが一度だけ発動できる得点計算システム、そして頭脳絶好調のような全ての資源の得点の平均値を高くしなければ高得点をとれないタイプのシステムが見事なバランスで融合している。いわゆる重ゲーなので、個人的に重ゲーが好きではないのでちょっとシビアな評価にはなってしまうのだが、この...白州さんの「ヘブン&エール」のレビュー
  • 293
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月18日 01時52分
    エールを作るための素材集めが辛いゲームです。(そもそもエール作らない・・・)ルールはどこまでも進めるすごろくみたいな感じで素材を算出するためのパネルをゲットし、書かれたお金を払い日陰に設置(決算の時書かれた分のお金がもらえる)、書かれたお金の2倍を払い日向に設置(決算の時書かれた文の勝利店マーカーが動く)といった感じです。そもそも、決算が素材や人によって各々1回しかできない(プレイヤーの動きによってはもっと少ない)のに、基本的にお金支払った分しかお金は帰ってこないし、勝利店トークンを進めるにはお金が2倍必要だし・・・と、お金がカツカツカツカツぐらいカツカツです。初見3人でプレイして全員勝...retan0712さんの「ヘブン&エール」のレビュー
  • 305
    名に参考にされています
    投稿日:2018年01月09日 22時15分
    【あらすじ】おいしいビールを作ろう!【ゲームの内容】順にメインボードのコマを時計回りに進め、止まったマスのアクションを実行。各マスのアクションは基本早いもの勝ちで、コマは好きなだけ進めていいけど後戻りはできない。全員がボードを一周したら1ラウンド終了。これを6ラウンド続ける。アクションは主に3種類。①タイルの購入止まったマスのタイルを購入し、自ボードに配置。置ける場所は日陰と日向の2つあり、日向に置くには2倍のコストが必要。ボード上にいくつかある建設予定地のまわりをタイルで埋めると小屋が建ち、得点トラック上の醸造監督コマが進んだりする。②決算①で配置したタイルを起動する。日陰のタイルはお...ゆどうふさんの「ヘブン&エール」のレビュー

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク