激戦!ア・バオア・クーFortress

遥かな昔1982年頃、シミュレーションウォーゲーム黎明期に、ひっそりと売り出された国産ウォーゲーム初期の傑作の一つ。
パッケージが、輸入品のアバロンヒル社製のボックスサイズと同じ仕様のため、当時のゲームショップで普通に手に取り、仰天したのを良く覚えています。
システムは、アバロンヒルの有名な『パンツァーブリッツ』の応用で、シンプルなシルエットの美しいコマには4つの数字が印刷されており、「移動力」「防御力」「対艦攻撃力」「対モビルスーツ攻撃力」が設定されています。
簡単な数字設定ですが、攻撃力を艦とMSに分けたため、この工夫だけでガンダムの世界観を良く表すのに成功しています。
盤上には宇宙空間と、宇宙要塞が描かれており、地形効果は一切ありません。(初心者にはありがたかった!)
そして、盤上を埋め尽くす地球連邦軍の大侵攻部隊と、要塞を防衛するジオン軍の大部隊!
両軍合わせて100個近いコマが、シンプルな戦闘ルールで激突し、ガンダム終盤のアバオアクーの大決戦が再現されます。
もう夢中になって数十回はやりましたね。
最大規模の決戦は、3〜4時間はかかりましたが、当時のウォーゲームなんてそんなもんでしたから、特に長いとは感じませんでした。
ガンダムはさすがにやたら強力なのですが、大部隊に集中攻撃を食らうと、やられる危険もあり、
さらに勝利条件は、アバオアクーの占領なので、ガンダムだけで勝てるわけでもなく、
戦域全体の流れや、艦隊の采配をよく考えて侵攻しなければならないわけです。
ビーム撹乱膜、ニュータイプ、学徒動員兵、のルールもあり
ビグザム&ビグロの量産コマ、G3ガンダムなどのコマもオマケに付いていて、もうファンにはたまりませんでしたなあ。(遠い目…)
先行させた数十のサラミス、ボールとジムが、片端からジオング中心のジオン艦隊にバタバタやられてゆく姿は壮観でしたなあ。(遠い目…)
大切に保管してあるので、いつかまたチャレンジしたいと思います。(なぜか2つ持ってたりする。笑)

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:Bluebear
マイボードゲーム登録者
  • 1興味あり
  • 10経験あり
  • 3お気に入り
  • 5持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘2
アート・外見2
作品データ
タイトル激戦!ア・バオア・クー
原題・英題表記Fortress
参加人数2人~4人(60分~180分)
対象年齢未登録
発売時期未登録
参考価格4,000円
クレジット
ゲームデザイン岡田 厚利
アートワーク未登録
関連企業/団体ツクダホビー
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 339
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月10日 13時35分

    遥かな昔1982年頃、シミュレーションウォーゲーム黎明期に、ひっそりと売り出された国産ウォーゲーム初期の傑作の一つ。パッケージが、輸入品のアバロンヒル社製のボックスサイズと同じ仕様のため、当時のゲームショップで普通に手に取り、仰天したのを良く覚えています。システムは、アバロンヒルの有名な『パンツァーブリッツ』の応用で、シンプルなシルエットの美しいコマには4つの数字が印刷されており、「移動力」「防御力」「対艦攻撃力」「対モビルスーツ攻撃力」が設定されています。簡単な数字設定ですが、攻撃力を艦とMSに分けたため、この工夫だけでガンダムの世界観を良く表すのに成功しています。盤上には宇宙空間と、...

    Bluebearさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿