マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 90分前後
  • 12歳~
  • 1998年~

カタン: 都市と騎士(拡張)クイックラック@書籍狂さんのルール/インスト

246
名に参考にされています
2019年06月12日 22時31分
※ カタンの開拓者たち(スタンダード版)で遊んだことのある方向けの説明になります。

勝利点=13点
自分のターンで「勝利宣言」することで終了
追加コンポーネントの確認
  • メトロポリス3個
  • 城壁3個
  • 弱〜強騎士各2個(計6個)
  • 兜(1人あたり6個)
  • 交易品タイルと開発チップ

1. 海タイルを敷きます(数字合わせる)

2. 土地タイルをシャッフルして敷きます(港なしから中央縦、左中、右中、左外、右外)、数字チップを敷きます(土地タイル起点から反時計回りに外周から中心へ)

3. サマリー、追加駒、交易品タイルと開発チップを配ります

4. スタpから時計回りに開拓地と街道を1つずつ好きな場所に置きます。最後に置いたプレイヤーから反時計回りに都市と街道を1つずつ置きます。都市に隣接した土地から資源のみを受けとる
盗賊は海賊が初めて島に侵略するまでは移動しない(バーストはある)

5. 交易品の説明。麦と土はカタンと同じ資源の取り方で、都市に隣接する鉄、羊、木は資源1枚と交易品1枚を受けとる。交易品は手札なので、盗賊のバースト対象で非公開、交渉にも使えるし、港で交換することもできる。
また、自分のターンに手元の交易品タイルに書かれた必要数を満たせばそれぞれ5段階まで開発することができる。
開発された交易品タイルは裏返しにして、特殊ダイスの目次第で交易品に応じた戦略カードを手に入れられる(特殊ダイス、戦略カードは後述)
それぞれ3段階まで開発すると、ゲーム終了まで特殊効果を得ることができます




6.メトロポリスの説明。交易品タイルを4段階までめくった最初のプレイヤーは、自分の都市1つをメトロポリスにすることができる(勝利点+2)
メトロポリスは交易品1種につき1つなので、カタン島に最大3つのメトロポリスが建てれる
また、開発レベルが他プレイヤーに追い抜かれればメトロポリスはそのプレイヤーに移る。開発レベルが5まで達成されればメトロポリスが奪われることはない




7. 最長交易路の説明。街道5本以上で獲得で、後追いは同数よりも上で奪取


8.騎士の説明。騎士は開拓地や都市と同じく資源から生産される(鉄+羊)、配置できるのは自分の街道の端で開拓地や都市に接していない、いわゆる節にあたるところ。3段階までグレードアップできるが(弱、中、強)、強騎士への強化には交易品の開発が必要。騎士の強さは騎士のもつ旗の数を見る。自分のターンで騎士に麦を1枚使うことで「アクティブ」状態になる(兜をかぶる)


9. アクティブになった騎士にできることの説明。
・自分の街道の節から節への移動(相手の街道の最長路を遮ることも可能)
・上記追記。移動先に他プレイヤーの騎士がいて、なおかつ自分の騎士のランクが高い場合、相手騎士を後退させることができる。後退する場所がなければその騎士は盤面から排除される
・隣接している土地から盗賊を好きな場所に動かす
・海賊との戦闘。特にプレイヤーが何かをするわけではないが、海賊と戦うには必ずアクティブ状態でなければならない
上記の行動をとると騎士のアクティブ状態は解除される(兜をはずす)
アクティブ状態になったばかりの騎士で行動はできない。同一ターンで解除状態の騎士に麦を使ってアクティブにすることはできる。
この性質上、最大騎士力は存在しない。

10.ダイス
騎士カタンでは通常ダイス(白)、特殊ダイス(赤)、イベントダイス(数字なし絵柄のみ)の3つを同時に降る。資源獲得は赤白の合計から得る。都市隣接の土地からは麦、土が2枚ずつ、鉄、羊、木は資源1枚と交易品1枚を得る。
イベントダイスが青、黄、緑のときに赤のダイス目が手持ちの交易品タイルでめくられたもの以下ならば、それぞれ対応する戦略カードを1枚もらえる(青=鉄、黄=羊、緑=木)
戦略カードは手札とは別にして非公開で所持し、最大で4枚までキープできる。5枚以上あれば次のプレイヤーの手番前に捨てる(山札の一番下に戻す)
また、戦略カードのうち勝利点の書かれたものはただちに公開され、手札の枚数にはかぞえない
また、イベントダイスで船マークが出たときは海賊コマを1マス進めます。7マス進んでカタン島に船が着くと海賊の襲撃を受けます(後述)




11.海賊の襲撃について説明します。
イベントダイスでカタン島に海賊が着くと騎士との間で戦闘が始まります。
資源獲得前に処理を行います。
海賊の攻撃力=都市の数、騎士の防御力=アクティブな騎士の数で、弱騎士が強さ1、中騎士が2、強騎士が3になります
数字が上回った方の勝利になり、同点なら騎士の勝利です
勝利後、海賊は最初の位置まで押し戻されます。使用した騎士力の合計がトップのプレイヤーが一人の場合、ただちに勝利点1を得ます。公開して手元に置いてください。騎士力の高いプレイヤーが複数いる場合は勝利点ではなく戦略カードをどれか一枚得ることができます

敗北した場合、都市を持っているプレイヤーの中で、使用した騎士力が最も低かったプレイヤーの都市をどれか1つ開拓地に戻します(所有者の任意)。また、騎士力の低いプレイヤーが複数いた場合は全員が開拓地に戻します。
メトロポリスは強固に守られてるので開拓地に戻ることはありません。
開拓地5つをすでに使用しているプレイヤーが都市を失った場合(開拓地コマがない)、その都市は開拓地として扱われます。それと分かるように都市コマを倒して置きます。再び都市を建設する時はこの破壊された都市を優先的に復興させなければいけません。
海賊は略奪に満足して最初の位置まで戻ります。

戦闘処理が終わればアクティブな騎士をすべて解除状態にします。

もしこれが初めての襲撃なら、戦闘後に荒地に盗賊が配置されます。以降7の目がでた時は通常カタンと同じように処理します。



12.自分のターンで出来ることのまとめ
  • 街道、開拓地、都市の建設
  • 騎士の生産、アップグレード
  • 解除状態の騎士をアクティブにする
  • 前ターンまでにアクティブにした騎士を使って移動させる、または隣接する土地から盗賊を追い払う
  • 他プレイヤーと資源、交易品の交渉をする
  • 港、銀行を利用して貿易を行う
  • 戦略カードの使用(複数可)
  • 都市の開発
  • 城壁の建設(後述)

土を2枚使って、手持ちの都市(任意)に城壁を築くことができます。城壁1つにつき、バーストの上限枚数が2枚増えます。城壁は各プレイヤー3つまで所持できるので、最大で13枚まで手札を持つことができます。1つの都市には城壁1つまでしかつけれません。また海賊によって都市から開拓地に戻された際に、その都市に城壁があった場合は城壁は失われます



13.注意事項の説明。
  • 同じ騎士のグレードアップは1ターンに1度だけ
  • 海賊到着時にダイス目が7の時は戦闘終了後に動かす
  • ダイスを振る前に行動できるのは「錬金術師」のみ
  • 後退させられた騎士の状態は移動後も変わらない
  • 海賊の攻撃力にメトロポリスのボーナスは加えず、基礎の都市の分だけ計算する
  • 「商人」を利用できるのは配置したプレイヤーのみで、移動されない限り効果は持続します。
  • 自分のターン以外に受け取った戦略カードが5枚目だった場合は即座に1枚を捨てます(山札の1番下に置く)
  • 自分のターンに引いた戦略カードは、そのターンに使用することができます
  • 勝利点カードはどのようなものであれ、受け取ったら公開されます。
1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Sky
クイックラック@書籍狂さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 53興味あり
  • 149経験あり
  • 37お気に入り
  • 175持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率4
戦略・判断力7
交渉・立ち回り5
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルカタン: 都市と騎士(拡張)
原題・英題表記Catan: Cities & Knights
参加人数3人~4人(90分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1998年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク