マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 2016年~
515
名に参考にされています
2018年01月18日 01時40分

日本語版は「コロッセウムの建築士」です。

プレイヤーはコロッセウムの建築士となり、より多くのコロッセウム建築を行います。

ただしコロッセウムはひとりで立てるのではなく、プレイヤー全員が協力して建築していきます。

ボードの種類は大きく分けて3つあり、1つはコロッセウム建築場(採取した素材を使い、コロッセウムの壁を立てていく土台)、一つは素材算出場(素材の算出、コロッセウムの建築などを行う)、1つはプレイヤーそれぞれが持っているプレイヤーボード(どの素材をいくつ算出できて、何枚まで持てるかなど)です。

ゲーム自体は結構簡単で、素材算出場はループした8つのマスになっており、それぞれ算出するところ、手札枚数上限を上げるところ、コロッセウム建築場、イベント発生場に分かれています。

8つのマスは馬車が走っており、馬車が止まったところの行動ができるのですが、馬車自体はプレイヤー全員で共通のため、ほんとはここの行動をしたかったのに通り過ぎてしまった(次にそのマスに止まるのは8マス先)となってしまう場合があるわけです。

そのため、うまい具合に算出素材と馬車を止めるところをコントロールできないと、いつまでもコロッセウムを作れません。

そんなジレンマとコントロールが面白いゲームです。

ただし、行動の選択肢は少なく、一般的なワカプレゲーと比べるとかなりライトです。(宝石の煌きやカタンと近いかも?)

ボドゲ初心者が遊ぶのにおすすめだと思います。

最後にコロッセウムが完成したときは結構達成感がありますので、インスタ映えしそうなゲームといえるかもしれません(笑)

2
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • T.T.Spiele
  • まつなが
retan0712さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 60経験あり
  • 8お気に入り
  • 63持ってる
テーマ/フレーバー
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルコロッセオ / コロッセウムの建築士
原題・英題表記Die Baumeister des Colosseum
参加人数2人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2016年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

retan0712さんの投稿

会員の新しい投稿