マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~5人
  • 360分~420分
  • 12歳~
  • 1976年~

コンキスタドール3viewsさんのルール/インスト

159
名に参考にされています
2019年03月02日 18時57分

最初にランダムイベントを決定します。中産階級が裕福になるような、一部良いものがありますが、内戦とか、原住民の蜂起とか、殆どが酷い目に遭うものばかりです。中にはシボラの七都市のようにあらぬところへ行かされるものがあって面白い。

続いてイニシアチブ決定。その後のアクションの順番を決めます。このときの国庫に君主レーティングを掛けたイニシアチブ値が高いものからイニシアチブを取れます。君主レーティングとは、その君主のやる気みたいなものとか、技術やノウハウが蓄積されて効率が高い状況を表していると思われます。このレーティングはAからDの4段階ですが、この倍数がAだと4、Dだと1といった塩梅で、後の予算も割り当て時にもこのレーティングが反映されます。

 イニシアチブの次は計画であす。順番は決めるが他のプレイヤーの計画を知らないまま自分の計画を行うよう、ログ用紙に記入することになります。参加する探検家またはコンキスタドール、参加ユニット、行き先、帰還先など記入しますが、ここでかかるコストを計算し易いよう記録している感じです。

 計画し終えたら海上フェイズです。海上移動は、移動と言っても、マップは殆ど大陸が描かれており、ヨーロッパからの航路など描かれていません。各エリア(アステカ帝国とか五大湖など、複数ヘクスで構成)には距離が記載されており、要は結果どう損耗するかを決定します。これが結構きつい。遠い太平洋岸に行くのはかなり損耗する覚悟が必要です。あんまりだと思ったのか、アバロン版ではSPI版より少しだけ緩和されています。

 それから陸上ファイズです。最初に黄金の発見を行ってから、移動、原住民との戦闘、原住民蜂起、陸上損耗、資源という順で行われます。

この後に2度目の海上フェイズ、メンテナンスフェイズで1ターンが終了します。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
3viewsさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 0経験あり
  • 1お気に入り
  • 2持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルコンキスタドール
原題・英題表記Conquistador
参加人数1人~5人(360分~420分)
対象年齢12歳から
発売時期1976年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

3viewsさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク