マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 360分前後
  • 12歳~
  • 1977年~
148
名に参考にされています
2019年05月18日 19時13分

映画「トラ・トラ・トラ!」からマクゴワンがパクったパッケージイラストに魅せられます。ちなみに田村高廣演じる淵田中佐ですね。中央のエセックス級空母は1942年にはありません。

それにしても、だれも「日米航空母艦の戦い」なんて言いません。フラットトップって言いますよ。普通。


内容ですが、 まず、このゲームはビッグゲームで敷居が高いことが挙げられます。

フラットボックス4枚分のマップが2枚広げるだけでも場所を食うのに、隠匿用ミニマップや艦隊編成や空母や基地の航空運用のチャートを広げる必要があり、一般家庭での対戦は困難で例会などでの会議室等でも広い場所を占有する必要から、対戦と関係ない参加者から嫌がられます(笑)。時間もショートシナリオなら5、6時間必要と思われ。フルシナリオは2、30時間となります。得点稼ぎ目的に艦隊決戦と関係ない外周の基地に密かに航空機を終結させて叩くようなプレイヤーなら、もっと時間がかかるでしょう。

このゲームの肝はやはり索敵で、これまでの、例えばアバロンヒル社のミッドウェイのような位置をコールするような「かくれんぼ」ではなく、航空機が通過した範囲について索敵するのです。もっとも、この自分のいる位置を晒す行為によって相手に自軍艦隊の位置を推測されることになります。システム上、自分の位置を晒さなければ、実は敵味方が直近に居るのに気が付かないという変な事象が起こり得るのです(とくに艦隊決戦志向の戦艦や巡洋艦などの水上部隊同士がメインの第3次ソロモン海戦シナリオ)。

ともかくも相手艦隊の位置や艦種を特定し、攻撃すべき敵空母だったりすると攻撃隊を飛ばして接近させます。航続距離の長い日本と運用能力の高い(たくさん飛ばせる)米軍との差も表現されています。

艦隊への航空攻撃を防ぐため、相手も戦闘機を上空に上げているはずなので、まず空戦から始まります。ゼロ戦に過度の期待はしないように。攻撃隊が生き残ると艦隊からの対空砲火の洗礼を受けます。対空性能は米軍の方が強く、史実が反映されています。生き残った航空機がこれでやっと攻撃を行えます。九九艦爆、九七艦攻、SBD、TBFなど機種毎、高度毎に攻撃します。雷撃機の性能は日本のほうが上です。

戦闘ですが、機種能力と参加戦力からヒット値を算出します。旧版のバトルライン社ではこの値が固定値でランダム性がなかったのですが、アバロン版はダイスで-2から+2までの修正をします。2(0~4の幅)でも10(8~12の幅)でもこの範囲というのはやり過ぎで、アラン・R・ムーン仕事しろよと言いたい。空母の防御が6として、ヒット値が3だったら大破かかすり傷かなんてあんまりで、それまで長い時間を費やし、クライマックスでの乾坤一擲のダイス振り1回でプレイヤーのモチベーションが潰えてしまう可能性があるのです。ここが別におかしくない、という方、是非挑戦してみてください。(念のためですが悪口でなく面白いゲームですよ。)

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
3viewsさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 8興味あり
  • 4経験あり
  • 2お気に入り
  • 5持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルフラットトップ / 日米航空母艦の戦い
原題・英題表記Flat Top
参加人数2人用(360分前後)
対象年齢12歳から
発売時期1977年~
参考価格6,800円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

3viewsさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク