にわとりも歩けば:エクストリームBlindes Huhn extrem

トリックテイクのようにカードを出し合いますが、ニワトリのカードを多くとってしまうと、マイナス点です。また手札の入れ替えができないゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. よかぜよかぜ
マイボードゲーム登録者
  • 4興味あり
  • 15経験あり
  • 4お気に入り
  • 22持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルにわとりも歩けば:エクストリーム
原題・英題表記Blindes Huhn extrem
参加人数3人~5人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格2,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 3件

  • 110
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月30日 01時57分

    『コロレット』で有名なミハエルシャハトの初期作をセルフリメークしたちょとかわったトリックテーキングゲーム。3-5人ゲームで5人だと0-49の数の書かれた50枚のカード全てを使用します。3-4だと数枚カードを抜いてプレイします。以下5人プレイで説明します。50枚のカードの内訳は3種類。1.コブタカード3枚(+3点)2.にわとりカード10枚(―1点)3.数字カード 37枚(0点)マイナスのにわとりをとらないで、コブタはとって、最終点数の多い人が勝ち。スタートプレーヤーを決めたら手札10枚を5人にくばります。手札を並べ替えます。(これがすごく重要でここで並べ替えた後はカードを並べ替えることはで...

    m1114toyさんのレビューを読む
  • 140
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月16日 01時01分

    一度4人でプレイしましたが、人数分の4セット行うところを、1セット行っただけで全員の意見でそれ以上のプレイを止めました。トリックテイクですが手札の右端のカードを出すか左端のカードを出すか2択しかありません。思考出来る範囲が極端に狭いのです。右のカードでは失点してしまうから左にしよう、はまだましで、どっち出しても失点してしまう、となることもあります。これではトリックテイクの考える面白さがほとんどありません。カードの並びは最初だけ好きにソート出来るのですが、このルールではここでいくら考えても無駄だと感じました。最終トリックで勝つと失点を軽減する手段がありますが、最期に使うカードは左右から使っ...

    異人館さんのレビューを読む
  • 93
    名に参考にされています
    投稿日:2017年07月14日 10時33分

    シャハトによる、かなり変わったトリックテイキングゲームです。スートはなく、大きい数を出した人がそのトリックを取っていきます。ただの数字は取っても取らなくても、点数にはなりません。取った人が次の最初の手番になるので、基本的には取りたくないと思います。ブタは良いカードで、点数になります。ニワトリは悪いカードで、マイナス点です。カードはどれでも出せるわけでなく、手札の端っこの2枚のどちらかしか出せません。最初に自分で手札を並び替え、その後は一切並び替えができなくなります。いろいろと例外処理があり、ニワトリは1回のトリックで2枚でなければマイナスにならず、セーフです。逆にブタは、2枚以上になって...

    まつながさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿