マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 30分~40分
  • 10歳~
  • 1961年~

ツイクストMeeple7さんの戦略やコツ

357
名に参考にされています
2016年06月05日 23時05分

1手で2つのリンクをかける方法は、すぐにわかるようになるはずである。そこからさらにツイクストを楽しむためには、遠距離で相手を止める方法を見つけなければならない。

例えば相手がボードの真ん中にペグを打ってきた場合、私の経験上では、そのペグから相手の陣地に下ろした垂線上に7穴以上空けてペグを打つと止めることができる。少なくともAIが相手の場合はこれだけで相手は攻撃を諦める。突破されてしまうようならどこかで失敗をしているはずなので、良く練習するとよい。例えば、相手が跳躍進行をしてきたら、こちらも跳躍をすると良いし、2連続で跳躍を使ってきたら、「こっちをつなぐならもう片方を切る」という脅しをかけられる場所があるのがわかるはずである。

壁際の進行であれば、もう少し少ない猶予で止めることができる。相手のペグから陣地への垂線上で3穴以上離れた位置に、さらにそこから、ぶつけたい壁の方向から逆方向に1穴ずれた位置に打つと、相手の進行を壁にぶつける形で止めることができる。

自分の進行が止められてしまうことが分かったら、それは相手の進行が開始していることと完全に同義である。相手の進行を止めるにはかなりのスペースが必要なため、劣勢と分かればただちに防御に回る必要がある。そのため、経験者同士の戦いの序盤には、初心者には何をやっているかわからないような、超遠距離で1ペグだけ打ち合って戦うような攻防が繰り広げられることになる。ここまで来たら、もう私から言えることは何もない。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
Meeple7さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 153興味あり
  • 203経験あり
  • 66お気に入り
  • 100持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力11
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ3
攻防・戦闘5
アート・外見3
作品データ
タイトルツイクスト
原題・英題表記Twixt
参加人数2人用(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期1961年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

Meeple7さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク