マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 20分~60分
  • 10歳~
  • 2019年~

セット・ア・ウォッチだいすけさんのルール/インスト

83名 が参考
1名 がナイス
8ヶ月前

主に自分用の覚え書き。


セットアップ


1:ボードとコンポーネントの準備

  • キャンプボードを配置し、休息トークン4つ、ダイス、他コンポーネントを手の届く場所に置く。



2:冒険者の選択

  • キャラクターを選択する。プレイヤー人数にかかわらず、キャラクターは4人使用する。

  • 対応したダイスを受け取る。

  • 能力(ability)カードを3枚ランダムに引き、キャラクターボード上に配置する。残りはキャラクターボードわきに置いておく。

  • キャラクターボード上の能力カード1枚をランダムに消耗状態(裏向き)にする。



3:クリーチャーデッキの作成

  • 召喚(Summon)カードを難易度によって(簡単:1枚、通常:2枚、難しい:3枚、非常識:4枚)用意する。

  • クリーチャー(Creature)カードからAcolyte2枚を除いて28枚ランダムに引き、Acolyteを加えてシャッフルする。

  • シャッフルした束を、召喚カードの枚数に合わせて、なるべく同じ枚数になるように分ける。

  • 分けた束に1枚ずつ召喚カードを入れてそれぞれシャッフルし、枚数が少ない束を下にして積み重ねてクリーチャーデッキとする。



4:マップの準備

  • 地域(Location)カードから休息アイコンと最終目的地アイコンがついたものを除き、8枚ランダムに引く。この8枚をシャッフルして、一番下に最終目的地(Final Location)のカードを加えてマップデッキとする。

  • 残りのマップカードに休息アイコンの付いたものを加えてシャッフルし、未使用地域(Unused Location)デッキとする。



5:穢れの準備

  • 穢れ(Unhallowed)カードを1枚引き、裏向きのまま大群(Horde)エリアに置く。大群エリアのカードは最終ラウンドに増援として使用される。

  • 穢れカードを7枚ランダムに選び、表向きでキャンプボードのわきに置く。残りの穢れカードはプレイに使用しない。



6:明かりをともせ!

  • マップデッキから1枚引き、キャンプボードの現在地(Current Location)エリアに配置する。最初のラウンドでは薪の増減効果は使用しない。

  • 薪の値を初期値の7にする。選択ルールとして1d8で初期値を決めても良い。



ゲームプレイ

ゲームプレイは準備と戦闘を行うキャラクターの援護を行うキャンプ(Camp)フェイズと、戦闘を行う見張り(Watch)フェイズに分かれている。


1:地域カードを引く

  • 最初のラウンドはセットアップで実施済みなのでスキップして2へ進む。

  • 地域カードに書かれた薪の増減効果に従って薪の値を変更する。



2:各キャラクターのダイスを振り、キャンプするキャラクターを選ぶ

  • キャラクターに割り当てられたそれぞれのダイスを振ってから、キャンプを行うキャラクターを一人選ぶ。ゲームを通して各キャラクターは必ず各2回キャンプを行うことになる。

  • キャンプを行うキャラクターは、開始時に消耗状態の能力カードを1枚、使用可能状態(表向き)に戻す。

  • キャンプを行ったことが分かるように、最初のキャンプでは休息トークンを受け取り、「×1」の面を上にしてキャラクターボード上に置く。2回目は休息トークンを「×2」の面に裏返す。×2の面の休息トークンを持つキャラクターは、それ以上キャンプを行うことはできない。



3:キャンプフェイズ

  • ダイスを割り当てることで、キャンプアクションを行う。特に指示がない限りは出目は何でもよい。行えるアクションは以下の通り。

  • 薪割り(Chop Wood):ダイスを1個割り当てるごとに薪の値を2増加させる。3回まで行える。

  • 偵察(Scout Ahead):クリーチャーデッキから2枚引き、内容を見て好きな順でクリーチャーデッキの一番上か一番下に置く。3回まで行えるが、偵察のたびに前回より大きい目のダイスを割り当てなければならない。

  • マップ確認(Check Map):マップデッキと未使用地域デッキから1枚ずつ引き、1枚選んでマップデッキの上に置く。もう1枚は未使用地域デッキの一番下に置く。1回のキャンプで1回のみ、4以上の目のダイスを配置することで行える。最終目的地カードは対象にできない。

  • 治療(Heal):自分、または見張りのキャラクターの消耗した能力カードを1枚表向きに戻す。使用するには6ちょうど(以上ではなく)の出目が必要。

  • 装備(Equip):プレイヤーボード上の能力カード1枚を、わきに置いた能力カードと入れ替える。消耗状態のカードを入れ替える場合は、入れ替えたカードも消耗状態にする。

  • 固有キャンプアクション:キャラクターボード上に記された固有のキャンプアクションを行う。1回のキャンプで1回のみ。

  • 上記に加えて、ぞろ目(2つ、もしくは3つ)が出た場合は、そのダイスを割り当ててルーンを起動できる。このアクションを行う場合は、ゾロ目のダイスは両方とも(それぞれ異なる)ルーンに割り当てる。
    各ルーンは1回のキャンプで1回のみ使用できる。

  • 封印:墓地(Graveyard)にある穢れカードを除去して穢れデッキの一番下に置く。

  • 制圧:大群デッキの一番上のカードをゲームから除外する。

  • 声援:見張りについているキャラクターのダイスを好きなだけ選び、振り直す。

  • すべてのダイスが使用されたら見張りフェイズに移行する。



4:見張りフェイズ

  • 現在地点カードを確認し、記された枚数のカードをクリーチャーデッキから引き、裏向きのまま並べて戦列(Line)を作成する。クリーチャーデッキが空になり引けない場合は、墓地のカードをシャッフルして新たなクリーチャーデッキを作成する。

  • 薪の状況に対応した枚数分、1枚ずつ公開能力を処理しながら、キャンプに近いほうから戦列のクリーチャーカードを公開する。一度公開されたクリーチャーカードは、薪の状況が変化したとしても非公開になることはない。

  • クリーチャーカードの効果により薪の値が0に減少したら、直ちに任意のキャラクターの能力カードを消耗させ、薪の値をを2増加させなければならない。不可能な場合ゲームに敗北する。

  • 必要な枚数クリーチャーカードが公開されたら、見張りについているキャラクターがアクションを行う。ただし、見張りフェイズ開始時にすべての能力カードが消耗状態(裏向き)になっているキャラクターは戦闘に参加できない。

  • 直接攻撃(Direct Attack)、または能力カードの効果によって倒された(Defeat)クリーチャーのカードは墓地に移動し、戦列を詰め、薪の値に対応した枚数になるまでクリーチャーカードを公開する。

  • 直接攻撃:割り当てたダイスの目の分、射程内のクリーチャーにダメージを与える。生命力以上のダメージを与えられたクリーチャーは倒される。

  • 能力カード:能力カードを使用するには、使用可能状態(表向き)のカードにダイスを割り当てるか、カードを消耗させることで行える。使用可能状態のカードにダイスを割り当てた後、消耗状態にすることで、1ラウンドに最大2回使用することができる。

  • 戦列のカードがなくなるか、キャラクターのアクションがこれ以上行えなくなったらラウンドが終了する。戦列のカードがまだ残っている場合、クリーチャーの攻撃力分キャラクターの能力カードを消耗させ、大群カードに移動させる。

  • この処理で、キャラクターの能力カードがすべて消耗した場合はゲームに敗北する。すべて消耗する前に戦列のカードをすべて処理できた場合は次のラウンドに移行する。



最終ラウンド

  • 最終目的地カードが公開された場合、最終ラウンドが開始される。

  • 最終ラウンドはすべてのキャラクターが見張りに立ち、戦闘を行う。

  • 最終ラウンドのセットアップは通常通り戦列を作成した後、末尾に大軍の山札をシャッフルせずに戦列の末尾に加える。この山札は戦列に続くカードとして扱う。

  • この通常戦列+大群のカードをすべて処理した後、キャラクターの能力カードが一枚でも使用可能状態であればゲームに勝利する。
この投稿に1名がナイス!しました
ナイス!
とし
だいすけ
だいすけ
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 1経験あり
  • 1お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見0
作品データ
タイトルセット・ア・ウォッチ
原題・英題表記Set a Watch
参加人数1人~4人(20分~60分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

だいすけさんの投稿

会員の新しい投稿