マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

セイミ・イン・ザ・スーパークレイジーワールドSeimi in the Super Crazy World

スーパークレイジーワールドの少女。世界から抜け出せ!

2002年に発表され、クニツィアによる「隠れた名作」と推す人も少なくないタイトル「二つの塔カードゲーム」リメイク。

プレイヤーは、スーパークレイジーワールドに迷い込んだ少女がその世界から抜け出すために繰り広げるモンスターとの戦いをサポートすることになります。
モンスターごとに決められた効果的な攻撃のカードをより多く出したプレイヤーは、より多くの得点を獲得することができます。
手番ごとに獲得できるカードは、どのプレイヤーも「1枚」です。限られた手番の中で、より効果的にカードを集めなければなりません。
そのためには、さきざきのモンスターに効果的な攻撃は何なのか、また、それまでに手番は何回あるのか。明らかになっているこれらの情報から、的確な判断をして、カードを獲得していきましょう。
しかし、すべてのモンスターとの戦いで得点を獲得し続けるのは、とても難しいでしょう。どのモンスターとの戦いで高い得点を獲得すべきか、低い得点で妥協すべきか、はたまたあるモンスターとの戦いは捨てるべきなのか、その見極めもまた極めて重要なものとなるのです。
同一条件の中、プレイヤーは、常にジレンマたっぷりの選択を迫られることになります。
まさに、クニツィアの真骨頂とも言える内容になっているのです。

今回のリメイクにあたり、バランス調整が図られ、よりジレンマたっぷりの悩ましいゲームになっています。
また、「ハードモード」と名付けられた新ルールも収録され、単なる新デザインのリメイクにとどまらない「グレードアップ版」とも言える内容になっています。

突き抜けた個性的なイラストもまた大きな魅力と言えるでしょう。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. まつながまつなが
マイボードゲーム登録者
  • 13興味あり
  • 17経験あり
  • 0お気に入り
  • 25持ってる
テーマ/フレーバー
テーマ/フレーバー未登録
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルセイミ・イン・ザ・スーパークレイジーワールド
原題・英題表記Seimi in the Super Crazy World
参加人数2人~5人(45分前後)
対象年齢9歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインライナー・クニツィア(Reiner Knizia)
アートワーク未登録
関連企業/団体テンデイズゲームズ(Tendays Games)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク