マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分~30分
  • 6歳~
  • 2015年~

ピクテルフクハナさんのレビュー

113
名に参考にされています
2018年08月17日 17時39分

細かいルールについては、『ルール』の項を参照。


透明なカードにピクトグラム(非常口のマークとか、温泉のマークのような簡素なシンボル)があり、それを並べたり重ねたりしてお題を当ててもらう系のゲーム。お題を作る側も当てる側もヒラメキがいる。うまく表現出来たり理解できたりするといい気分。

良くも悪くもそれだけのゲーム。ハマる人はハマる。
限られた絵柄で伝えるという感覚は『コンセプト』というゲームに似ている。


欠点と言えば、システムに難があるかな?
一番気になるのは、お題はお題カードがあるわけじゃなく、サイコロを2回振ってテーマを決め、出題者が自由に決める。自由と言えば聞こえはいいが、要は丸投げしているので、例えば『楽しいこと』という漠然としたテーマを自分で考えるのは面倒で、似たり寄ったりとなる。自分で考えて自分で作るのを阻止するためか、出題者とお題作成者は別にするルールだけど、だったらお題カードを用意して1人が作れば2人でも遊べたものを。

そもそも、自分でお題考えて自分で作っても問題ない気がする。別のお題当てゲームのカードを使ってもいいんじゃないか? サイコロ2回振るってのもどうなんだろ。てかサイコロ2個入れとけよ。ホワイドボードマーカーで箱にお題書くってのもなんだかねえぇ~。


また、自分の所持しているものは最初の方の版らしく、これはカードが非常に傷つきやすい。丁寧にあつかっても細かい傷がすぐ無数についてしまい霞んだ色あいになってしまうので、カードを数枚重ねると下のカードが見にくくなる。後の版になるとその辺は改良されたらしいが。


お題の自由度もあるが、ゲーム自体の自由度も高い。数十枚あるカードから、縦横裏表関係なく、重ねたり離したりして形作るので、逆にどうしていいか分からない場合もあるかも。苦手な人はほとんど動けなかったり。一応、解答が出ない場合は作成者が増えるシステムではあるが。


と、色々文句たれたけど、実はかなり好きなゲーム。周りの反応も良く、既定の勝利点を取ってもゲームを続けちゃって終わりどころが分からないくらい。まあ勝ちを狙うゲームではなくワイワイする系だから好きなところでやめりゃいい。


限られた種類の絵柄でいかに上手に伝えられるかを考えるのがやっぱり楽しい。当ててもらえたら嬉しいし。お題関連のシステムがもっとしっかりしていればなあ~。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
フクハナさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 113興味あり
  • 499経験あり
  • 82お気に入り
  • 324持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力5
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見9
作品データ
タイトルピクテル
原題・英題表記Pictell
参加人数3人~6人(15分~30分)
対象年齢6歳から
発売時期2015年~
参考価格3,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

フクハナさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク