• 4人~6人
  • 30分前後
  • 8歳~
  • 2016年~

カツカレー喰ってる場合か?Katsu Curry?! This is not the time for that!

『きつねうどん』→「120円」「2400円」「1600円」「8900円」→2400円が庶民的価格に決定です

プレイヤー達は政治家となり、世の中の様々なモノの「庶民的な価格」を値付けしていくというゲームです。

「きつねうどん」から「ゴルフ会員権」までたくさんある商品カードに対して、70円から数百万とかまである価格カードを出します。通常なら最も高値をつけた人が落札するのですが、もし次点の人が出した価格と2倍以上の差がある場合には「庶民感覚を理解できていない」とされて無効になってしまいます。
確かに、物の値段も知らないような人に、国は任せられませんよね…
とはいえ、例えば手札の価格カードに2万3000円と800万円の間が無い時に「結婚指輪」とかお題が出てくると、どちらかを出さざるを得ないというような状況になったりもするので、その結果、色々なモノがヘンテコな値段が付いたりしてとても盛り上がるゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 夏木なつき夏木なつき
  • 25興味あり
  • 124経験あり
  • 13お気に入り
  • 74持ってる
販売中の商品
該当商品が見つかりませんでした
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力4
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ4
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルカツカレー喰ってる場合か?
原題・英題表記Katsu Curry?! This is not the time for that!
参加人数4人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格1,500円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 146
    名に参考にされています
    投稿日:2017年08月22日 23時33分

    このゲームを手に入れた3年前には、カツカレーに3500円も出せる人が、まさか3年後も首相を続けてるとは思いもよらず【おい】そんな感慨はともかくとして、値段を決めなきゃならない物品の選び方が実に絶妙。風刺は一歩間違うと下品に堕しがちですが、センスの良さにくすくす笑いが出ます。物品決まっちゃってるのと、最後の1枚が決まっているため、何度も繰り返すのには向いていませんが、アナログゲームにほとんど親しみの無い人で、シャレの分かる大人を相手に出すなら最適かと。今までで一番印象に残っているのは、2分の1切り下げを繰り返して、高級料亭に270円で入ったちゃっかりさんと、年収200万円のくせに、キャバク...

    続きを読む
  • 77
    名に参考にされています
    投稿日:2017年05月04日 23時31分

    同じメンバーで繰り返し遊ぶゲームには向いていません。出てくる商品は決まっていますし、手札で配られる金額カードも同じ内容を全部配り切りですから、1回遊べば金額の上限下限を覚えてしまうとか、繰り返すと展開がマンネリになりやすい。定例ゲーム会でこのゲームを出すのは初参加の人と卓を囲む時か、知ってる人同士だと月に1回以下くらいかな。しかし、試遊イベントなどで初見の大人を交えて遊ぶという条件に限れば屈指の良作品です。大喜利系やお絵描きゲームだとプレイヤーにある程度のプレゼン能力を要求しますが、これは出てきた商品に合う金額を手札から選ぶだけ。結果発表から毎回笑いがこぼれてトークのネタに困りませんし、...

    続きを読む

リプレイ 1件

  • 163
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月20日 16時11分

    初見のゲームでしたがルールがないに等しいのでそこは問題なし。それにしても野党の党首となって市場調査するって、んな事はリサーチ会社に任せておけばいいじゃん。だから選挙で勝てないんだよと大きなお世話な事を考えたりして。まぁ個人的には3500円のカツカレーを食べても仕事さえしてくれれば問題ないと思っています。むしろ問題なのはそんな事を調べてくるマスコミかと。いかん、話しがそれるのでここまでしよう。今回は6人でプレイさせて頂きました。参加者各位のお名前は申し訳ありませんが失念しました。また、細かい手札と提示カードの値付けなど、レコードしていない限り覚えている訳もなく、果たしてこれでリプレイと呼べ...

    続きを読む

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 2件

会員の新しい投稿