カツカレー喰ってる場合か?Katsu Curry?! This is not the time for that!

『きつねうどん』→「120円」「2400円」「1600円」「8900円」→2400円が庶民的価格に決定です

プレイヤー達は政治家となり、世の中の様々なモノの「庶民的な価格」を値付けしていくというゲームです。

「きつねうどん」から「ゴルフ会員権」までたくさんある商品カードに対して、70円から数百万とかまである価格カードを出します。通常なら最も高値をつけた人が落札するのですが、もし次点の人が出した価格と2倍以上の差がある場合には「庶民感覚を理解できていない」とされて無効になってしまいます。
確かに、物の値段も知らないような人に、国は任せられませんよね…
とはいえ、例えば手札の価格カードに2万3000円と800万円の間が無い時に「結婚指輪」とかお題が出てくると、どちらかを出さざるを得ないというような状況になったりもするので、その結果、色々なモノがヘンテコな値段が付いたりしてとても盛り上がるゲームです。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 夏木なつき
  • 興味ある(13人)
  • 経験あり(78人)
  • お気に入り(8人)
  • 持ってる(46人)
コンセプトテーマ
コンセプトテーマ未登録
メカニクス
会員が付けたタグ
タグ未登録
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルカツカレー喰ってる場合か?
原題・英題表記Katsu Curry?! This is not the time for that!
参加人数4人~6人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格1,500円
クレジット
ゲームデザイン北条 投了(Toryo Hojo)
アーティストオマナザキ(Omanazaki)蜂須賀 敏浩(Toshihiro Hachisuka)
メーカー/販売芸無工房(Looser Dogs)トイドロップ(TOYDROP)

レビュー 0件

投稿を募集しています

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール・インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 2件

会員の新しい投稿