マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

御朱印あつめGoshuin Atsume

写経を納めて、御朱印をあつめろ!お寺ボードゲーム第1弾!

御朱印とは、写経したお経を寺院に納めた証のこと。平成の世においては、参拝した記念の証として親しまれています。
プレイヤーはお寺の参拝者となり、写経を納め、御朱印をあつめていきます。たくさんの仏さまとご縁を結んでもよし、同じ仏さまとご縁を深めるもよし。
仏さまとのご縁をいただき、もっとも得点を獲得したプレイヤーが勝利者となります!

各プレイヤーは1~4の長さの写経チップと、御朱印帳ボードを1枚配られます。
裏向きにシャッフルされた御朱印カードの山札から1枚をめくり、1巡の競りをします。スタートプレイヤーから順番に、最低1個~最高3個までの写経チップを前に。全員が写経チップを出した時点で、一番長い組み合わせの写経チップを出したプレイヤーが、表になった御朱印カードをいただくことができます。
いただいた御朱印カードは並び替えることはできずに、自分の前に並べていきます。
山札の最後の1枚をプレイヤーの誰かがいただいた時点で得点計算。カード自体の点数と、御朱印カードの揃え方による役の点数を加味して、德点ならぬ得点がもっとも高いプレイヤーが勝利者となります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. ようがくじ「不二の会」ようがくじ「不二の会」
マイボードゲーム登録者
  • 40興味あり
  • 43経験あり
  • 5お気に入り
  • 41持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力2
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトル御朱印あつめ
原題・英題表記Goshuin Atsume
参加人数3人~4人(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2015年~
参考価格6,000円
クレジット
ゲームデザイン向井 真人(Masato Mukai)
アートワーク向井 真人(Masato Mukai)
関連企業/団体ゲーミフィジャパン(Gamifi Japan)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

  • 110
    名に参考にされています
    投稿日:2016年11月25日 17時13分

    お坊さん直筆の御朱印カードは、カードの種類ごとにハンコ&字面が変わっています。製本屋お手製の御朱印帳ボードは、本物の御朱印帳の表紙なので、御朱印カードを横にならべるとあら不思議!まるで御朱印帳をバラバラッと広げたかのよう・・・。写経チップもお坊さん直筆のお経(+アルファ)が書かれています。ルールとして、一巡だけの競り&セットコレクション。競りに使った写経チップは一回休みになり、その次の競り後には戻ってきます(お納めしたお経を写経し直したからですね)。役を揃えるためには役を覚えなければならないわけですが、これまた漢字で読みにくい&分かりにくい(笑)。そこでオススメなのが、シャカサンゾン・ア...

    ようがくじ「不二の会」さんの「御朱印あつめ」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 1件

  • 107
    名に参考にされています
    投稿日:2018年11月18日 03時43分

    このゲームを説明するとき、「こんな役があるよ」という説明の後に必ず押さえておくこと。「黒いカードは、外れじゃなければ1枚5点の『如来』です。『如来』はいろいろな役に絡むので、黒いカードをうまく取れるように写経チップの使い方を考えていきましょう」「それともう一つ。デザイナーさんが意識したデザインなのかはわかりませんが、外れカードのうちの『お化け屋敷』は、よーく見ると縁の半分が赤くなってます。外れを取りたい人も取りたくない人も要注意です」

    ハクシャクさんの「御朱印あつめ」の戦略やコツ

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 1件

  • ようがくじ「不二の会」さんの投稿
    感謝と、第2版のご報告。

    ご興味、ご関心いただいた皆様。ありがとうございます。こちらのページを発見したときに、素直に嬉しいな。作ってよかったな。「持っている人」の数などもポチッとされていたりして、感動いたしました。さて、...

    0件のコメント258ページビュー2年以上前

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク