マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

妖精奇譚Fairy Tale

レーティングの登録/分布

  • 妖精奇譚の画像
  • 妖精奇譚の画像
  • 妖精奇譚の画像

幻想的な世界観の中で、ブースタードラフト勝負!

トレーディングゲームで活動している有限会社《游宝洞》が2004年に発表した、《ブースタードラフト》に特化したカードゲーム。
カードのみのパッケージで、2~5人対応です。
イラストレーター那智上氏の幻想的で美麗なイラストで、妖精たちの幻想世界の勢力競争を描きます。
100枚のカードを5枚ずつ配布したら、それを全て見比べて自分の計画に必要な1枚だけを取り、残りを左隣のプレイヤーに回し、またそこから欲しいカードを1枚選び…、を繰り返し、5枚の手札を作ります。ここから1枚ずつ順番に3枚のカードを発動させて各種アクションを実行します。
これを4回繰り返すことで自分の場を作り上げ、それによるポイント数で勝敗を争います。
今では『世界の7不思議』に代表されるように様々なドラフト方式のゲームが多数作られていますが、これは日本のデザイナーによる非常にシンプルなドラフトゲームとして面白いものに仕上がっています。
実際に海外評価も高く、Z-MAN社から『Fairy Tale』の名称で海外版が発売されました。こちらはイラスト、デザインも一部変更され、非常に美しいものになっています。
後にカード10枚の追加セットが発売されています。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. BluebearBluebear
マイボードゲーム登録者
  • 19興味あり
  • 114経験あり
  • 17お気に入り
  • 116持ってる
テーマ/フレーバー
世界観/基本テーマ
その他のコンセプト
作品データ
タイトル妖精奇譚
原題・英題表記Fairy Tale
参加人数2人~5人
プレイ時間30分前後
対象年齢10歳から
発売時期2004年~
参考価格2,000円
レーティング
レーティングを行うにはログインが必要です
10点の人0
9点の人0
8点の人1
7点の人4
6点の人0
5点の人3
4点の人0
3点の人0
2点の人0
1点の人0
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力4
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 1件

231名
1名
0
画像
充実
有名なボードゲーム『世界の七不思議』で、プレイカードを山札から引いてゆく一般的な方法ではなく、「配られたカードの一山を全部見て、一枚を選んで隣へまわす」というドラフト方式を初めて体験し、その新しい思考感覚に感動したので、何か他にも面白いゲームはないかと探していて、このゲーム...
続きを読む(5年以上前)
Bluebear
Bluebear

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

249名
0名
0
充実
・概略ドラフトゲーム。配られた5枚のカードから1枚を選び、残りを隣に移し、再び1枚を選んで残りを隣にをカードがなくなるまで行い、その後残った5枚の内3枚を1枚ずつ使用していく。これをセットで4回繰り返し、最終的に得点が多かったものの勝ち。・勝利条件最も点数が高くなるようにカ...
続きを読む(5年以上前)
勇者
tris
tris

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿