マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 15分~30分
  • 6歳~
  • 2012年~

赤ずきんは眠らない紙の城:亞猫【あにゃん】さんのレビュー

258
名に参考にされています
2017年08月11日 22時55分

まずはスタートを決めます。プレイヤーは人数に合わせた狼や赤ずきん、ブタの

家族のカードを受け取ります。自分も含め好きな人にカードを配ります。狼以外を

受け取ったプレイヤーは自分が「おやすみ」「罠」を選び狼に見えないように伏せま

す。全員が選び終わったら、狼は誰を襲うかを決めます。決めた相手はカードを

オープンし「おやすみ」だった場合は狼はカードに書かれた得点を獲得。襲われた

方はその得点を払います。襲われず寝れた人も得点を獲得。減点を受けた方は

配役のカードを好きに配り直し繰り返します。先に15点獲得すれば勝利です。


タイトル通り見た目のイラストも可愛らしく狼や赤ずきんちゃん、ブタの家族等も登場し
得点も赤(5点)やピンク(1点)のハートマークで女性ウケもいいです。
でも内容は結構手軽な心理戦が楽しめます。あの人はもうすぐ15に届きそうだから
得点の少ない子豚にするかとか、狼にするかとか。赤ずきんをくれたのはどうして
なんだろう等、簡単なルールだけに色々な理由を考えて楽しむのがこのゲームの
面白さだと思います。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
紙の城:亞猫【あにゃん】さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 179興味あり
  • 859経験あり
  • 122お気に入り
  • 527持ってる
プレイ感の評価
運・確率11
戦略・判断力12
交渉・立ち回り8
心理戦・ブラフ19
攻防・戦闘2
アート・外見8
作品データ
タイトル赤ずきんは眠らない
原題・英題表記Eat Me If You Can!
参加人数3人~6人(15分~30分)
対象年齢6歳から
発売時期2012年~
参考価格2,160円
クレジット
ゲームデザイン佐藤 純一(Junichi Sato)
アートワーク152°
関連企業/団体アークライト(Arclight)Junias
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

紙の城:亞猫【あにゃん】さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク