マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人用
  • 10分前後
  • 2003年~

ドラゴン・マスター18toyaさんの戦略やコツ

45名 が参考
2名 がナイス
14日前

【はじめに】

このゲームで楽しみ、そして勝つために大事なこと。それは「どのカードをどう組み合わせると何点になるのか」を理解しておくという事です。

当たり前じゃん!どのゲームでもそうじゃん!と思うかもしれません。しかし、このゲームは特に勝ち筋と相手の点数の潰し方をお互いに理解してからが熱い!ドラゴンマスターでは、相手も自分も点数を作っていく盤面が共通でフルオープンのため、どの列が今何点でこれから何点まで伸びそうか、何点まで落とせそうかまで、全て開示されている。これにより、自分の手を伸ばすならこのカード、相手の最低点を更に下げるならこのカード、というのがお互いに見え見えです。かくして引くな、引くなよ!とか、引く!俺はこれを引かないと死ぬ!みたいな運命のドローが中盤以降毎ターン続いていく。お互いにヒリつきながら交互に引きを繰り返し、相手の最低点を下げ、自分の最低点を上げていく。短期決戦でいきなり鉄火場という堪らないゲームです 笑

【カードと得点の組み合わせ】

さて、そのような鉄火場ゲームを楽しむために、補助としてカードと点数の対応一覧を以下に記します。以下は、「得点は基本足し算、同じカードが同一列に2枚あると10倍、同一列に3枚あると100固定点」という点数ルールを見える化したに過ぎませんので、覚える必要はありません。ただ、点数の数え方がよく分からない!という方への助けになればと思います。


カードの組み合わせ … その列の得点

0,0,1,2 …   3点
0,0,1,3 …   4点
0,0,2,3 …   5点
0,1,2,3 …   6点
0,0,1,1 …  10点
0,1,1,2 …  12点
0,1,1,3 …  13点
1,1,2,3 …  15点
0,0,2,2 …  20点
0,1,2,2 …  21点
0,2,2,3 …  23点
1,2,2,3 …  24点
0,0,3,3 …  30点
0,1,3,3 …  31点
0,2,3,3 …  32点
1,2,3,3 …  34点
0,0,0,0、0,1,1,1、0,2,2,2、0,3,3,3 … 100点
0,0,0,1、1,1,1,1、1,2,2,2、1,3,3,3 … 101点
0,0,0,2、1,1,1,2、2,2,2,2、2,3,3,3 … 102点
0,0,0,3、1,1,1,3、2,2,2,3、3,3,3,3 … 103点

【戦略】

このゲームでは、自分の担当する4列のうち最低点が自分の点数となります。私が遊んだ限りにおいて、最低点が20点台という事はなかなかありません。お互いに1点台、または10点台で鎬を削る事がほとんどです。従って、自分の最低点を10点台に出来れば比較的優位に立てる事が多い。

ただし、自分の列に積極的に10点台を作りに行く動きが強いかと言うとそうでもありません。何故なら、仮にその1列を10点台に出来たとしても、その列が最後まで最低点の列のままとは限らないからです。他の列を5点、4点などと1点台にされれば、たちまちそちらが最低点の列になってしまう。

そのため、基本は7:3くらいで「相手の最低点をなるべく小さく作る」方に重点を置く事が大事だと思います。これをお互いが行い、お互いにブロックし合います。従って、「お前の最小点の列を作ってやんよ?ほらこの列、0,1,2で3点リーチだな。0が来ればお前は沈むぜ?」「それは断固拒否する、来た1!4枚目に置いて12点」「ちっ、躱したか」などという攻防がよく見られる訳です。

ちなみに、相手の最低点をなるべく小さくするには0を絡ませる事です。

1〜3は2枚目を置けば10倍になるので点数の底上げをするカードに化ける可能性がありますが、0を底上げするためには1列に3枚の0を置かなければなりません。勿論これは不可能ではありませんが、自分の1列に2枚も0を置かれてしまうとかなりのプレッシャーがあるでしょう。勿論これだけで100%勝てる訳ではありませんが、0を1枚置くだけでも相手の最低点を1点台に抑える下地になります。

↑やはり0を2枚置かれると基本的には厳しいの図。縦列側は一番左の列が最低点となり10点。横列側は上から2行目が最低で12点。よって横列側の勝ちです。

ただし、一つだけお忘れなく。あなたは共通の場にカードを置いています。場に0を置くと言う事は、相手の点数を下げるだけではなく、あなたの点数を下げる要素にもなりうるのです。人を呪わば穴二つ。あなた自身が掘った穴に貴方も埋まらないよう、0を置いた後は、細心の注意をもって0を含む自分の列を速やかに10点以上に引き上げたいものです。

【最後に】

以上が今のところドラゴンマスターで私が理解しているセオリーです。ただし、対戦する二人がどちらもセオリーを理解していればこそなお、捲りが勝負を決する場面が多々あります。このゲームを楽しめるかどうかは、「最善の手を打っても、最後は捲り運が勝負を決める場合がある」事を良しと出来るかどうかにかかっています。願わくは、知略を尽くした上で運の揺蕩いを楽しめる皆様の手に、このゲームが届きますよう。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
ask_ts
yokoyamaryuma
勇者
18toya
18toya
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 15興味あり
  • 26経験あり
  • 2お気に入り
  • 12持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力6
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルドラゴン・マスター
原題・英題表記Dragon Master
参加人数2人用(10分前後)
対象年齢未登録
発売時期2003年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

18toyaさんの投稿

会員の新しい投稿