マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

ダブルフェイスDouble Face

あなたの真実は、誰かの嘘かもしれない。

プレイヤーは、公安、潜入捜査官、スパイに扮して機密情報の争奪戦をします。

≪ストーリー≫
ある密売組織のボスに親子のように育てられた男がいた。
男は親代わりであるボスから、ある命令を言い渡される。
「組織を守る為に公安に潜り込んで情報をリークせよ・・・」

男は公安に入り、エリートの道を歩んだ。
その働きから彼を疑うものは誰もいなかった。
日々、情報をリークしていたがエリートの道を歩むにつれ
重要な情報に辿り着く。

その機密情報は、組織を壊滅させるに充分なものであり
公安にとっても存続を脅かすものであった。

男が機密情報をリークしようとしたその時
予想外の事が起きた・・・。
公安内でエリートが招集されデータ流出対策チームが組まれたのである。

公安からも密売組織に潜入捜査官が潜り込んでいて
スパイの存在が明らかになったのである。

機密情報を巡った戦いが今始まる。

≪概要≫
潜入捜査官は、誰がスパイか分かった状態で始まります。

各プレイヤーには、PCカードが配られ
中には、『ダミーフォルダ』『情報削除(デリート)』『リーク』の
三種類が入っています。

スパイは、情報をリークしたい。
公安は、情報を削除したい。
潜入捜査官は、リークに先回りするか、情報を削除したい。
という情報を巡った争いになります。

分が悪いと思えば、寝返る事も出来る為
急に態度や立ち居振る舞いが変わるとスパイだとばれてしまい
データフォルダを空けるチャンスが回ってきにくくなります。

また、情報をリーク や 情報削除(デリート)などで一旦決着がついたあとも
告発というフェイズがあり、更なる完全勝利への道もあります。

上記文章の執筆にご協力くださった方
  1. 大下バルサラ大下バルサラ
マイボードゲーム登録者
  • 12興味あり
  • 7経験あり
  • 2お気に入り
  • 6持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力1
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルダブルフェイス
原題・英題表記Double Face
参加人数3人~5人(30分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格2,300円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 7件

  • 153
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月23日 16時58分

    スパイ公安潜入捜査官と三つの役職に分かれて各自配られたらノートPCの中に入っている情報を奪い合うという感じのゲーム。ノートPCの中身は、ダミーフォルダ、(情報)リーク、(情報)デリートの三種類があってそれぞれ、スパイは自分でリークを引くか、公安に引かせる。公安は、デリート4枚を全て引くか、誰かに引かせる。潜入捜査官は、リークを引くか、デリート4枚を全て引く。事が勝利条件。ここまででは、似たものもあるが(タイ〇ボムの亜種っぽいが)特徴的なのは、・潜入捜査官はスパイが誰かしっている状態で始まる事。・役職は入れ替える機会がある。・リークやデリートが開いて一旦勝利条件をクリアしたあと、ライバル関...

    じょにさんのレビューを読む
  • 44
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月04日 11時45分

    役割ごとに設定された駆け引きの種類が豊富で、何回でも楽しめます。

    山本享兵さんのレビューを読む
  • 137
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月03日 13時53分

    スパイ・混入捜査官・公安に分かれての心理作戦ドキドキゲームです。正直さんも、そうじゃない人も役者にならなきゃ自分が誰なのかバレちゃいます。公安からスパイに押し付けられちゃうこともあるので、アタマの切り替えスイッチが必要だったりします。PCのカードを開けるときも、「ふむふむ、そう来たか・・・」なんて性格がなんとなくでます。いったいぜんたい誰が誰だなのかを推理するのが楽しいです。

    yuranさんのレビューを読む
  • 137
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月03日 00時00分

    自分がスパイに当たった時、すごくドキドキしました。実はスパイであることがバレているんじゃないか?公安のフリをして他人を疑ってみたり、ダンマリを決めてみたり、まさに対戦相手との心理戦ゲームです。騙し切った後の気分はもう最高です。心理戦に自信がある人にはオススメのゲームです。

    asanoさんのレビューを読む
  • 127
    名に参考にされています
    投稿日:2018年05月01日 22時51分

    子供の頃にやった「いっせーの」のように、親指を使ったゲームですが、それを使って場の点数を計算したり、場の点数を使ってひらがなの文字を算出したり、ひらがなの文字に基づいてお題の答えを考えたり・・・更に頭使う、しかし気楽に出来て笑いが沸き起こるゲームです。頭使うことたくさんあって、最初大丈夫かなーと思ったけど、意外とやってると慣れてくる。数が親指っていう視覚でわかるから、続けてると暗算速くなりそう。(笑)お題の中には、頭文字云々以前に、そもそもそんなに選択肢が出てこないものもあったりするのですが、それを無理やり頭文字に繋げた内容にするから、無理やりすぎて笑いが起こります。気楽に場を温めたい時...

    サリーさんのレビューを読む
  • 156
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月20日 20時42分

    公安の中にスパイが紛れ込んでいて、公安の機密をリークしようとする。潜入捜査官はスパイが誰かを知っていて、最後に告発する権利を持っている。公安は4枚のDeleteカードを揃えないと機密を守れない。公安はDeleteカードを引きたいが、スパイはLeakカードを引きたいので、スパイになったら、周りにバレないように言動しないといけない。しかし、潜入捜査官がLeakカードを引いた場合は、公安側の勝利になる。4人でプレイする場合、潜入捜査官が1人いる場合と、スパイが2人いる場合があるのだが、潜入捜査官のみ、最初にスパイが誰かを知る権利があるので、潜入捜査官がいなかった場合でも、スパイはドキドキする。...

    saomarioさんのレビューを読む
  • 111
    名に参考にされています
    投稿日:2018年04月20日 00時12分

    2018.6追記5人でプレイした際のレビューです。5人の場合は、1人が持つPCの数が3つになりPCをシャッフルは1回。つまりフェイズは2つとコンパクトになります。しかし、PCシャッフルはプレイヤー人数と同じ枚数のPCがオープンになった際なのでプレイ自体が短くなる訳ではありません。一度勝利条件を満たした後の告発フェイズでは、5人の方が私は盛り上がると思います。--------------------------------------------------------------------------------------------4人でプレイした際のレビューです。各プレイヤーに役...

    大下バルサラさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 1件

  • 107
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月18日 00時14分

    ≪概要≫プレイヤーは、スパイ・潜入捜査官・公安の3つの役職に分かれ、機密情報を巡って争います。情報をリークしたいスパイ。情報を端末からデリートしたい公安。スパイの存在を知っていて情報に先回りしたい潜入捜査官。推理、信頼、裏切りの三つ巴の戦いが今始まる。≪メッセージ≫情報リテラシー。立場による態度、言いたいけれど言えない事情。相手の状況を察する。話を聞く、話を引き出す。説得。などのコミュニケーションスキルが必要なゲームになっています。その他色々な発見がありますのでお楽しみください。≪セット内容≫(2018.6第二版)役職カード・・・全19枚内訳・・・潜入捜査官1枚スパイ2枚公安16枚PCカ...

    大下バルサラさんのルール/インストを読む

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク