マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~10人
  • 30分前後
  • 5歳~
  • 1500年~

ドミノsokuri3510さんの戦略やコツ

167
名に参考にされています
2017年06月11日 16時10分

ブロックゲームやドローゲームの基本的なプレイ方針を書いてみたいと思います。

まずは以下の1~3だけ知っていれば十分です。

ブロックやドローゲームの基本戦略は、自分の選択肢を広くして相手の選択肢を狭くする(なくす)ということです。


1.自分の選択肢を広くする

→自分の手元にいろいろなスート(数字)が残るようにします。手元に多く持っているスートから減らしていきます。


2.つながりを意識する

→手元に残ったタイルに繋がるようなタイルをプレイします。


3.ダブルを処分する

→ダブルはスートが一種類しか無いので、出しにくいタイルです。早いうちにダブルのタイルが処理できるようにプレイします。


4.相手の持っていないスートを覚える

→相手がパスやドローした場合、現在オープンエンドになっているスートを相手は持っていないわけですから、それを覚えておくといいことがあるでしょう。


5.盤面を見る

→まだ盤面に少ししか出ていないスートは、今後出やすくドローで引いて来やすいスートです。そのスートをオープンエンドにすることは防御に適します。反対にすでに多く盤面に出ているスートは残りが少ないですから、そのスートをオープンエンドにすることは攻撃的なプレイになります。


6.両端のオープンエンドを同じ数にする

→ラウンドの終盤で両端のオープンエンドを同じ数にするのは、相手の大量ドローを誘える攻撃手です。ただしダブルで返されると自滅もあるので、保険のタイルを持っておきましょう。


7.同じスートを繰り返しエンドに出す

毎回いろいろなスートがエンドになるように出すのは、相手をアシストしているようなものです。


1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • shikabanez
sokuri3510さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 69経験あり
  • 13お気に入り
  • 59持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見2
作品データ
タイトルドミノ
原題・英題表記Dominoes
参加人数2人~10人(30分前後)
対象年齢5歳から
発売時期1500年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

sokuri3510さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク