マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 10分~15分
  • 8歳~
  • 2016年~

ダイスロードレース舌さんのレビュー

190名 が参考
2名 がナイス
4年弱前

ロードレースを知らなくても、駆け引きとギャンブル性を短時間で手軽に楽しめるゲーム。

そんな簡単な、サイコロを振ってマスを進めるだけのゲームなのに、こんなにロードレースの駆け引きを再現できるとは。驚きました。

ロードバイクに乗る選手のコマと、コースマップを思わせるボードも気分を盛り上げます。

サイコロの出目が良ければたくさん進める。出目が悪ければ止まったままのこともある。

それを「アタックを仕掛けて集団から逃げ出した」とか「パンクしてストップ!サポートカーを待ってる」なり「集団で多くの選手が巻き込まれる落車が発生」というようにロードレースに当てはめて考えれば、サイコロ運に翻弄されるのも楽しくなる。

なんてプレイヤーの想像力だけで、このゲームをロードレースたらしめているわけではない。

同じマスにいるプレイヤーが手番の時、「チェックします」と宣言すれば自分の手番ではなくてもサイコロを振って進むことができる。このチェックのルールひとつで、ロードレースにおける集団の協調体制と、集団から逃げ出すアタックへついていく対応の二つを再現する。

複数のサイコロを振った場合、6の目が出たサイコロは次ターンから使えなくなる。初めは三つ持っているサイコロも、展開次第では減ってしまうのだ。そこがまた一気に先に進んでも、その分疲労して消耗する脚を思わせる。

またそのルールの存在で、6の出目をおそれ追走が捗らない様子は、実際のロードレースでも見かけるお見合い状態(追走集団の先頭を譲り合ってしまい集団全体の速度が上がらない様子)にそっくりである。

などなど、このシンプルなゲーム性にロードレースで起こるドラマを当てはめたくなってしょうがないのだが、ロードレースを知っている方にはぜひ一度遊んでみて欲しい。

集団を抜け出し単独ゴールを目指すアタックを、先頭をゴール前で掴まえる集団での追走を、この「ダイスロードレース」ならサイコロを振るだけで味わえることでしょう。

この投稿に2名がナイス!しました
ナイス!
ひげB
fullkawa
大臣
舌
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 37興味あり
  • 49経験あり
  • 19お気に入り
  • 30持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率10
戦略・判断力5
交渉・立ち回り6
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見3
作品データ
タイトルダイスロードレース
原題・英題表記The Dice Road Race
参加人数2人~6人(10分~15分)
対象年齢8歳から
発売時期2016年~
参考価格2,600円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿