マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

コブラスCobras

【まえがき】
2016年秋にKickstarterでファンド成立したトリックテイキングゲームで、「コブラ駆除法」を題材にしています。現在はまだ市販されていませんが、今年の秋~年末にかけて市販されるようです。
「コブラ駆除法」というのは、大英帝国領の頃のインドでヘビ嫌いの知事がコブラを駆除した人に報酬を与えるとした法令のことを指します。最初は真面目にコブラを駆除して報酬を得ていた住民は、そのうちコブラを自ら育てて駆除することでもっと報酬を得ようとします。それに気がついた知事は法令を撤回しますが、育てられたコブラはそのまま遺棄されたため、ヘビによる被害が増えてしまったというエピソードがあります(このような事例から「コブラ効果(問題解決の方法が全くの逆効果になること)」という経済用語まで作られました)。
このゲームはそのエピソードを元にしており、プレイヤーはコブラを育てて売ることで点数を獲得しますが、コブラの獲得とコブラの売却はトリックテイクの結果に左右されるというのが、このゲームの核となっています。

【ルールの簡単な説明】
※日本語ルールが有志の方により、公開されております。
カードにはすべてコブラと数字が書かれており、トリックテイクの勝敗は数字で決まり、獲得できるコブラの数は描かれているコブラによって決まります。それ以外に切り札のカード(キングコブラカード)が1枚ずつ各プレイヤーに配られます。
それ以外のコブラカードをすべて混ぜて、各プレイヤーに配りきります。

ゲームはトリックという単位で進み、各トリックはスタートプレイヤーから時計回りの順番で、手持ちのカードを出すことで進めます。
各トリックでは最も大きい数字のカードを出した人が勝者となり、トリックに負けた人はコブラを獲得、勝者は手持ちのコブラを売却して点数を獲得します。
そのトリックに出されたコブラカードに描かれているコブラの総数を敗者の人数で割った数が、敗者の各プレイヤーが獲得できるコブラの数です。端数は次のトリックに持ち越されます。
勝者のプレイヤーは手持ちのコブラを売却することで点数を獲得しますが、手持ちのコブラはすべて売却しなければなりません。また売却するコブラの数が多いほど得られる点数は大きくなるのですが7匹が最高点で、それ以降はどんどん点数が下がります。トリックが終わると、勝者のコブラカードだけが場に残され、次のトリックは勝者となったプレイヤーがスタートプレイヤーとなります。
キングコブラカードは切り札のカードとなっていて、これを出すことでトリックに必ず負けるまたは勝つことができます。

これを繰り返し、場に残された勝者のコブラカードに描かれているコブラが規定数溜まった時点で、ゲームは終了します。

【感想】
まだ市販はされていませんがPnP(Print & Play)が公開されており、今回はPnP版でプレイしました。

通常のトリックテイクでは勝つことが目的なのですが、このゲームではトリックの勝敗はアクションの選択になっているだけで、勝つことが目的ではありません。如何に狙ったところでトリックに負けるか、またはトリックに勝つかという点が大事です。そのためには手札をうまく使わなければなりません。小さい数字と大きい数字のカードはどちらも使いやすいのですが、問題は中間の数字のカードをどう使うのかというところでしょう。

コブラを7匹まで獲得して一気に売却するのが最も効率がいいのですが、大きい数字のカードばかりが出されると獲得するコブラの数が増え(その結果7匹を超えてしまう)、小さいカードばかりが出されると獲得できる数が減って(その結果、コブラが7匹手前となってしまう)しまいます。そのため、あまり欲をかかずに早めに売ってしまうのか、それとも7匹ギリギリまで集めるのかが悩ましいところです。切り札であるキングコブラカードも、どこで使うのかを考えなければなりません。

ゲーム自体は特に難しい点はなくルールも簡単ですので、一度遊べばすんなり覚えられるでしょう。セットアップもカードを配るだけですので、非常に楽です。PnP版ではコブラを表すチップや点数の記録はすべて自分で用意しなければなりませんが、市販版ではどちらも含まれていますので大丈夫です。

まだ市販されてませんが、一般流通すれば他の人にお勧めしたいカードゲームです。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:長ネギ
マイボードゲーム登録者
  • 32興味あり
  • 47経験あり
  • 14お気に入り
  • 20持ってる
プレイ感の評価
運・確率1
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルコブラス
原題・英題表記Cobras
参加人数1人~5人(30分~45分)
対象年齢13歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 39
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月11日 16時54分

    トリックを取れなかったら、コブラチップをもらい、トリックを取れたら手元チップを売却して、得点にできます。コブラチップ溜めすぎてもダメなのでタイミングが大事です。タイミングを計るトリテは極端に難しいものも多いですが、これは遊びやすくて良い感触です。

    常時次人@操られ人形館 さんの「コブラス」のレビュー
  • 145
    名に参考にされています
    投稿日:2017年09月01日 13時44分

    【まえがき】2016年秋にKickstarterでファンド成立したトリックテイキングゲームで、「コブラ駆除法」を題材にしています。現在はまだ市販されていませんが、今年の秋~年末にかけて市販されるようです。「コブラ駆除法」というのは、大英帝国領の頃のインドでヘビ嫌いの知事がコブラを駆除した人に報酬を与えるとした法令のことを指します。最初は真面目にコブラを駆除して報酬を得ていた住民は、そのうちコブラを自ら育てて駆除することでもっと報酬を得ようとします。それに気がついた知事は法令を撤回しますが、育てられたコブラはそのまま遺棄されたため、ヘビによる被害が増えてしまったというエピソードがあります(...

    長ネギさんの「コブラス」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿