マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 30分~40分
  • 8歳~
  • 2017年~

アリーナ:神々の闘技場しょうごさんのレビュー

661
名に参考にされています
2017年07月31日 22時29分
※否定的なレビューです。「大味」→「ダイナミック」など、
いろいろ脳内変換していただくと肯定的レビューになります(?)。 

【1行説明】
ダイスを振って、出た目を駆使して相手を倒すゲーム。 


【概要】
ゲーム開始時にライフを20受け取る。 ゲームは大きく2フェイズに分かれる。 

1.装備フェイズ
装備カード(画像参照)の獲得を行うフェイズ。
山札からプレイヤー人数枚のカードを公開したら、各プレイヤーは0以上のライフを手に握る。
一斉に公開して最も多いライフを握っていたプレイヤーから順にカードを獲得する。
握っていたライフは当然失われる。これを武器/騎獣/防具/呪文の4種類について行う。 

2.戦闘フェイズ
ダイスを振って殴り合うフェイズ。詳細については省略。
誰かひとりのライフが0になるとゲーム終了。最もライフが多いプレイヤーが勝利となる。 


【感想】
装備によってキャラ性能が大きく変わる非常に大味なゲームという印象だった。
カード性能の格差は、装備フェイズの競りを機能させるために必要なものなのであろうが。
(どのカードも一長一短程度の差なら、誰もライフを払ってまで入手しようとしないだろう) 

勝利点が存在せず、『誰かひとりが脱落した時点で最もライフが多いプレイヤーが勝利』というルールであるため、
逃げ回って攻撃を受けなければ勝てる。(それが可能となりそうな装備カードも存在する) 
ちなみに、ろくな装備カードを持たない状態で逃げようとしても、
他プレイヤー全員から距離無視攻撃を浴びて死ぬのは確定的であり、
決して逃げ一強のゲームバランスになっているというわけではない。 

また、攻撃力に乏しい装備になってしまった場合、 
『単独で近づいて攻撃しても倍返しされるだけなので逃げるしかない』という状況に陥る。
(「そうならないように競りがあるんだろ?ちゃんと競り落とせよ」という話かもしれないが…)

この場合、「もう俺は瀕死だぞ~。○○さんを攻撃しておかないと勝てないぞ~。」
とか「○○さんが強すぎる!××さん!しばらく一緒に戦おう!」
みたいな三味線ひきに徹するほかない。(※三味線ひきは用法用量を守って) 

まだ試していないので確証はないが、通常以外のルール(2人プレイ・チーム戦・1対多)だと
逃げプレイが無くなったり攻撃力に乏しい装備(=ダイス封印付与装備)の価値があがって
上記問題がいくらか解消されそうではある。

1対多が面白そうな感じがするので試してみたい。 




【キングオブトーキョーとの比較】 
本作と同じくダイスを振って相手を倒すゲーム『キングオブトーキョー』(以下:KofT)との比較を記す。
知っている方には参考になるかもしれない。
※KofTのルールについては1年ほど前にプレイした時の記憶を基にしているため、
 間違いあればTwitter(や実装されたらコメント)で指摘していただけるとありがたいです。
 
基本的な流れ
 KofT:手番制。ダイスを振り、出た目を使って行動を行う。
 本作:手番制。ダイスを振り、出た目を使って行動を行う。

ゲーム終了・勝利条件
 KofT:誰かが勝利条件を満たすと終了。最後まで生き残る、または勝利点を20集めたプレイヤーが勝利。
 本作:誰かひとりが脱落した時点で終了。最もライフが多いプレイヤーが勝利。(勝利の分かち合いあり)

移動の概念
 KofT:トーキョーにいるorいないの2種。自発的なトーキョーへの移動はできない。
 本作:ダイス目を使って六角形で構成されたマップを移動する。

攻撃対象
 KofT:自分がトーキョーにいない場合はトーキョーのプレイヤー、自分がトーキョーにいる場合は全プレイヤー。
 攻撃のダイス目が出れば必ず攻撃できる。
 本作:攻撃方法による。相手との位置関係について『隣接』・『遠方』・『任意』の3種、
    攻撃対象数について『1体対象』・『全体対象』の2種の属性がある。攻撃できない状況もたびたび発生。

手番で出来る行動
 KofT:ダイス目に応じた行動(攻撃・回復・キューブor勝利点獲得)、およびカード購入。
 本作:装備カードに応じた行動、およびダイス目に応じた行動(各種攻撃・移動。装備カード行動に比べて弱い)。

装備カード獲得方法
 KofT:手番中にダイス・エネルギーキューブを消費して行う。
 本作:戦闘開始前にライフを消費して行う。戦闘開始後にカードを獲得することはない。

ゲームが長時間化する状況
 KofT:回復重視のプレイング。
 本作:逃げに特化したプレイヤーがいる。ダイス封印付与装備を持つプレイヤーが多い。
    広いマップを選択する。全員が競りでライフを使わない。

ダウンタイム
 KofT:行動の幅が広がるカードが増えると長くなる。脱落者が出ると短くなる。ダイス振り直し2回。
 本作:移動について考える必要がある分KofTより長いかも。ダイス振り直し1回。
0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
アリーナ:神々の闘技場
アリーナ:神々の闘技場の通販
戦略的対戦ゲーム!最高の装備を整えて戦え!
残り2点
1営業日以内に発送
日本語マニュアル付き
¥ 5,500(税込)
しょうごさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 17興味あり
  • 62経験あり
  • 10お気に入り
  • 39持ってる
プレイ感の評価
運・確率5
戦略・判断力5
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ1
攻防・戦闘5
アート・外見3
作品データ
タイトルアリーナ:神々の闘技場
原題・英題表記Arena: For the Gods!
参加人数2人~6人(30分~40分)
対象年齢8歳から
発売時期2017年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

しょうごさんの投稿

会員の新しい投稿