マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 1人~4人
  • 25分~40分
  • 12歳~
  • 2018年~

ロックスターイズマイライフGekidanKabrockさんのルール/インスト

86
名に参考にされています
2018年11月07日 23時55分

■内容物

アーティストカード9枚+αメインカード69枚+α

合計90枚

◆メインカードについて
上下ひっくり返して2種類の使い方をします。

①パフォーマンスカード
 上部が色分けされ、文字が書いてある面です。
 アーティストの生き様を表現したカードです。
 4種類の色分けがされており、
 赤:STORY(アーティストの生い立ち)
 青:SPECIAL(アーティストの特徴)
 黄:SHOW(アーティストの魅せ方)
 黒:SCANDAL(アーティストのやらかし)

 が記されています。
 このカードに記された情報(30代など)にあったお客さんを獲得することができます。

 手札、または、手札から自分の場へ配置するカードです。
 ※パフォーマンスカードの状態から
  オーディエンスカードの状態に変化することはありません。

②オーディエンスカード
 キャラクターが描かれた面で、
 共通の場に配置し、得点源となるカードです。

 年代と性別が記されています。

 ※オーディエンスカードの状態から
  パフォーマンスカードの状態に変化することはありません。

--------------------------------------------------------------------------------
◆カードの置き方


●山札
 各手順時に、ここからカードを引いてゆきます。
 山札が尽きた時点で、捨て札のカードを裏向きにしてシャッフルし、
 新たに山札として使用します。

●捨て札
 不要になったカードなどをここに置きます。

●ストリーム
 よくシャッフルした山札から、
 3枚×3段のオーディエンスカードを配置します。
 このストリームを配置する際、プレイヤー間で
 上、中、下段を設定してください。

●自分の場
 アーティストカードを脇に置き、
 その横に手札から出したパフォーマンスカードと、
 パフォーマンスカードを配置した際のオーディエンスカードが
 次々と置かれてゆきます。
 ※オーディエンスカードが獲得できない場合、パフォーマンスカードのみが配置されます。

--------------------------------------------------------------------------------
◆ゲームの準備
 アーティストカード9枚と、山札となるメインカードを69枚用意し、シャッフルします。
 ※予備カードを兼ねたメインカードは、
  ゲームに慣れてからローカルルールなどで使用してください。
  アーティストカードは、基本キャラ以外のものを混ぜても構いません。

①手札の配布
 メインカードを5枚ずつ配り、
 その中に、黒のパフォーマンスカード「SCANDAL」が含まれていたら、
 そのカードを一旦捨て札に移し、山札から5枚になるよう補充します。
 (手札にSCANDALがなくなるまでやります)
 全プレイヤーの手札が5枚になったら、
 捨て札にしたSCANDALのカードを山札に混ぜてシャッフルします。

 ※ゲーム開始時に山札にSCANDALが混ざっていれば、
  手札の配布時にSCANDALのパフォーマンスカードを予め取り除いておいても構いません。
 
②プレイヤーキャラの決定
 スタートプレイヤーを決め、
 アーティストカードの中からランダムに4枚を表にし、
 スタートプレイヤーから順に、ゲーム中で使用したいキャラを選びます。
 残ったアーティストカードは、ゲーム中、脇においてください。
 ※状況により、使用する場合があります。

--------------------------------------------------------------------------------
◆ゲームの進行について
このゲームは、以下の3つのフェイズに分かれています。

 ①営業フェイズ
  一番最初のお客さんを呼び込む
 ②販売戦略フェイズ
  自分が配置したパフォーマンスカードで「役」をつくり
  得点アップの方針を決める
 ③ショウタイム
  営業フェイズで獲得したお客さんと
  同じ客層のお客さんをすべて獲得する

上記のフェイズをすべて終えたら得点計算を行います。

--------------------------------------------------------------------------------
●営業フェイズ
 スタートプレイヤーから時計回りに、以下の手順を
 手札がなくなるまで(つまり5巡)行います。

 ①山札から1枚、パフォーマンスカードを引き、手札に加える。

 ②手札の中から1枚を捨て札に移す。

 ③残った手札の中から1枚を選び、自分の場に配置する。

 ④配置したパフォーマンスカードに記された客層(30代など)
  と同じ客層のオーディエンスカードを、
  ストリームから1枚選んで、獲得し、
  手番中に配置したパフォーマンスカードの上に乗せる。

  ※ストリームに条件に合うオーディエンスカードがない場合、
   獲得できません。

 ⑤ストリームの中で、
  カード獲得によって歯抜けになった場所に、
  山札からカードを補充する。

 ⑥手番を左隣のプレイヤーに交代する。

 ★プレイヤー全員が1巡(パフォーマンスカードの1枚配置)したら、
  ストリームの下段のカードを捨て札にして、
  上段、中段のカードを一段下げ、
  あらたに山札から上段の3枚を補充します。
  このとき、上記⑤の
  「歯抜けになった場所へのカードの補充」と一緒に、
  この操作を行っても構いません。


 ★★★
 特殊なカードについて

 特殊なカード①
 『SCANDAL』
 SCANDALのカードは、最後の手番の時にだけ捨て札に移すことができます。
 ただし、手札がすべてSCANDALカードになった場合は、全プレイヤーに手札を公開し、
 手札から1枚選んで捨て札に移します。
 SCANDALの配置自体は、何順目でもかまいません。

 SCANDALカードは、ストリームにあるカード1枚を、
 年代、性別関係なく、どれでも自由に選んで獲得できます。
 ただし、「点数計算時ByeBye」の欄に記載された性別の数が
 ゲーム中最後の点数計算時に取り除くこととなります。
 ※男女の場合は、男女合わせた合計数が対象です。


 特殊なカード②
 『2ndターゲット』
 3巡め以降に使用できる効果です。
 いくつかのパフォーマンスカードの中に、
 『1st TARGET』『2nd 3巡以降』と記されたカードがあります。
 こちらのカードは『1st TARGET』の欄に記載された客層の
 オーディエンスカードを獲得できた場合、
 続けて『2nd 3巡以降』と記載された客層の
 オーディエンスカードを獲得できます。
 (1回の手番中に2枚のカードを獲得できるチャンスがあります)

 1回の手番で手札が1枚ずつなくなります。
 すべてのプレイヤーの手札が尽きたら『販売戦略フェイズ』に移行します。


--------------------------------------------------------------------------------
●販売戦略フェイズ
 営業フェイズで自分が配置したパフォーマンスカードで「役」をつくり
 得点アップの方針を決めることができます。

①SPセットを組む
 アーティストカードの右下に記された
 『SP SET BONUS』と同じ種類のパフォーマンスカードを揃えていた場合、
 SPセットボーナスが成立し、カードの右下の点数を獲得できます。
 ※このとき、SPセットを組まなくても構いません。

②通常セットを組む
 ①の手順の後に残ったパフォーマンスカードを、
 赤(STORY)、青(SPECIAL)、黄(SHOW)、黒(SCANDAL)同士でまとめ、
 通常セットをつくります。
 このとき、まとめられずに1枚になったカードは、
 後の点数計算時に、1枚マイナス1点として扱います。
 そして、このときまとめたカードは、
 枚数に応じて、後の点数計算時に、加点要素となります。

※同色3枚のSPセットと通常セットを見分けるため、
 SPセットの上には、アーティストカードを重ねてください。
①、②の手順で組んだセットは、以後、変更することができません。
SPセットを組まないほうが点数が高い場合もあります。
状況を見て、得点獲得を狙えそうな方針を選んでください。


--------------------------------------------------------------------------------
●ショウタイム
 営業フェイズで獲得したオーディエンスカードを元に、
 新たにオーディエンスカードを獲得してゆきます。

★このフェイズを始める前に、
 いちど、山札、捨て札、ストリームのカードをすべて集めてシャッフルし、
 新たな山札をつくり、そこから9枚のカードを引いて、
 新たなストリームをつくります。

①スタートプレイヤーから順に、
 今までに自分の獲得した『年代、性別』が同じカードを、
 ストリームからすべて獲得します。

②カードの獲得が済んだら、
 ストリームの下段のカードをすべて捨て札にして、
 上段、中段のカードを一段下にずらし、
 歯抜けになったところに、山札からカードを補充し、
 つぎの手番プレイヤーに交代します。

③すべてのプレイヤーがカードを獲得したら、
 ショウタイム!は終了です。

★ストリームのカードが足りなくなった場合!
 営業フェイズ時に、
 2ndターゲットのカードをうまく使用してゆくと、
 1手番中に最大2枚のカードを獲得することができるため、
 ストリームのカードが足りなくなる場合があります。
 そのときは、未使用のアーティストカードを
 オーディエンスカードとして新たに補充します。
 このアーティストカードで代用したオーディエンスカードは、
 手番プレイヤーが必ず獲得できるカードとなります。

 --------------------------------------------------------------------------------

●点数計算

 各プレイヤーは、獲得したカードの点数を計算します。

 基本的に、今まで獲得したオーディエンスカード1枚につき1点として扱います。

①パフォーマンスカードとして、SCANDALのカードを配置したプレイヤーは、
 自分が獲得したオーディエンスカードの中から、該当するカードをすべて選んで取り除きます。

 ※「点数計算時ByeBye 男女1」「点数計算時ByeBye 男2」
  のカードを配置していた場合、男性3枚。または、男性2枚、女性1枚分の
  オーディエンスカードを選んで捨て札に移します。

②オーディエンスカードを同じ客層(年代と性別が同じもの)ごとにまとめ、
 まとめた客層1種類を選択して、セット
 (販売戦略フェイズで組んだ『SPセット』または『通常セット』)の効果を1つ適用します。

 例)3倍のセットボーナスを、
   同じ客層3枚をまとめたものに適用すれば、9点を獲得できます。

 ※セットボーナスを適用できるのは、ひとつの客層に対して1つまでです。

③ボーナスを適用したすべての自分の得点から、
 未セットのパフォーマンスカード1枚ごと、マイナス1点を差し引きます。

★アーティストカードで代用したオーディエンスカードも、
 1枚1点の「客層:アーティスト」として扱い、セットによる倍加の対象になります。

これらの点数を計算し、もっとも点数を獲得したプレイヤーが、
ゲームの勝者『日本一のロックスター』となります!


--------------------------------------------------------------------------------
ゲームのコツ

●セットの組み方
同じ客層の獲得枚数が4枚以上の場合は、
通常セット3枚による3倍化がお得!

10代男性3枚 と 通常セット3倍化 で 9点!


わずかな差ながら、同じ客層の獲得枚数が3枚のときは、
アーティストカードに記載されたSPセットのほうがちょっとお得!
“この組み合わせでもセットが組める!”というちょっとした強みがあります。

例)アーティストカードが『ノイン・ズゥ(+8点)』の場合

10代男性3枚 と SPセット+8点 で 11点!


●オーディエンス獲得のコツ
できるだけ幅広い年代、性別の客層を獲得しておくと、
ショウタイム!の時に獲得できるオーディエンスの幅が広がります。

ただし、10代女性を9枚獲得して3倍化というロマンを否定はしません。


●上下ひっくり返すとSCANDALになるオーディエンス

4人プレイ時などで
『山札が尽きたとき、捨て札をシャッフルして新たな山札とする(リシャッフル)』
が起こる場合は、ゲーム序盤に、
上下ひっくり返すとSCANDALになる
オーディエンスカードを優先的に取っておくと、
リシャッフル時に、SCANDALカードが出現する可能性が下がります。

--------------------------------------------------------------------------------


説明書はコチラ!

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
GekidanKabrockさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 2興味あり
  • 0経験あり
  • 0お気に入り
  • 0持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルロックスターイズマイライフ
原題・英題表記Rock Star is My Life
参加人数1人~4人(25分~40分)
対象年齢12歳から
発売時期2018年~
参考価格2,500円
クレジット
ゲームデザインカブロック(kabrock)
アートワークカブロック(kabrock)
関連企業/団体劇団kabrock‏(Gekidan Kabrock)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク