マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 120分前後
  • 12歳~
  • 2004年~

電力会社 充電完了!suzakuさんのレビュー

397名
4名
0
10ヶ月前

カジュアル層をボドゲ沼に引きずりこむ魔力を持ったゲーム

それまで人狼や人生ゲームくらいしかアナログゲームをやったことがなかった私ですが、ある日ボドゲカフェでプレイし、あまりの面白さにその日に購入、翌朝まで仲間とプレイし続けて、すっかりボドゲ沼にハマるキッカケになった作品です。

構成

基本的には陣取り、リソース管理、競りが大きな要素です。

ヨーロッパ、もしくはアメリカを舞台に拠点を建てていき、なるべく多くの拠点に電力を供給することを目指します。

特徴として、持っている拠点数が多いほど手番が後ろになるというルールがあり、負けている状況の方が資源購入、オークションで有利になるようにできています。

魅力・面白さ

広大なマップ、発電所と資源の豊富さ、電力網を構築するというテーマ、それらから感じられる自由度の高さが魅力です。

人生ゲームくらいしかやったことがない当時の自分の様な人間からすれば、自分で都市を選び、そこに建てる(送電する)発電所を選び、しかも資源は限られていて、他のプレイヤーと奪い合いが発生するというゲーム内容は、今までに体験したことがない事ばかりで、非常に魅力的で面白く感じました。

気になる点

マップに偏りがあるため、序盤で四方を相手の拠点に囲まれると、こちらは拠点を増やすことができずに収入が頭打ちになり、相手に一方的に拠点と収入を増やし続けられてしまう展開になることがあります。

拠点数が一定数以上になると相手が建てている都市にも拠点を建てられる様になるので、塞がれたまま負けてしまうということは無いのですが、序盤で不利が広がってそのまま中盤以降も逆転できずに負けてしまう展開もあり得ます。

そのため、初心者がいる場合には建設場所のアドバイスをしたりして、八方塞がりの状況を避ける方法を教えるべきかと思います。

また、ゲーム終了のタイミングは誰かの拠点数が一定数を変えたタイミングなので、最終盤になるとゲームを終わらせるべきなのか(送電数で自分がトップを取れるのか)判断しなければならず、かなり緻密な計算が必要になります。

順位は拠点数ではなく送電数で決まるので、ライバルの拠点数はもちろん、発電所カードの発電力、資源の数、そしてそれらの購入のために必要なお金を数えて、自分が勝てるのかどうか計算しなければなりません。

総評として

個人的には最終盤の終了フラグを立てるかどうかの計算が最も嫌いな要素で、序盤の拡大再生産の楽しさと比べると、とても面倒で嫌になります。

ただそれさえ苦にならなければ、ゲーム自体はとてもシンプルで洗練されているので、濃密な時間を過ごせるゲームだと思います。

細かい処理は多いので初めのうちはルールブックやサマリーとにらめっこしながらプレイする必要はありますが、一度やれば簡単に覚えられるので、重量級ゲームのとっかかりとして、ぜひ一度体験してほしいと思います。

この投稿に4名がナイス!しました
ナイス!
[退会者:90084]
ハナ
びーている / btail
zakontheowl
国王
suzaku
suzaku
シェアする
  • 336興味あり
  • 563経験あり
  • 159お気に入り
  • 599持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

会員の新しい投稿