マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~6人
  • 5分~15分
  • 12歳~
  • 2020年~

マスターワードatcktさんのレビュー

90名 が参考
0名 がナイス
3ヶ月前

ヒントを判断するプレイヤー1人と、ヒントから答えを当てるプレイヤーに分かれる協力ゲーム。この中に答えに関係するワードはいくつありますか? を繰り返すゲームです。


▼ゲームの概要

ヒントを判断するプレイヤー(手番プレイヤー)はお題カードを引いて、「ジャンル」を言います。

他のプレイヤーはジャンルから合ってそうなワードを手元のカードに書いて、1枚ずつ出します。
出したら手番プレイヤーがその中からいくつお題に合っているかをチップの枚数で表現します。

これを繰り返して、「3回ある」解答権を誰かが使って答えて、お題を当てます。

7回目までに答えが出なければ失敗となり、負けとなります。

当てれば勝ちです。


ポイントは、「ヒントと思って書いたワード」がお題の『答え』だった場合、負けとなる点です。ヒントもうまく作っていかなければなりません。



▼プレイの感想

1回目は絶対にお試しで回してみた方がいいです。
これはゲーム慣れした人もそうです。

というのは、ヒントの作り方が最初よくわからない。
これでいいの? あってるの? でも絞り込めてる?

みたいになっちゃいます。
でも1回やるとわかってきて、なるほどー、って次につながります。そこからが本番かな。

分かると、変わったクイズゲームって感じで楽しめます。え? 何? から「あ、わかった!」っていうのはなかなか良いです。


余談ですが、このゲームは「レガシーゲーム」です。

お題のカードに仕切りボードをが入り、どこまで使ったかわかるようになっています。つまりは、「難易度」が徐々に上がっていくようになっています。

お題として「ジャンルってそれなの?」とか増えたりしてくるので、後になるほど「高難易度」を期待するとあまりよくないかもしれません。

本当に「わかってきた」ら難易度を上げていきましょう。

この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
たまご
atckt
atckt
シェアする
マイボードゲーム登録者
  • 14興味あり
  • 113経験あり
  • 16お気に入り
  • 55持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見0
作品データ
タイトルマスターワード
原題・英題表記Master Word
参加人数3人~6人(5分~15分)
対象年齢12歳から
発売時期2020年~
参考価格2,750円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

atcktさんの投稿

会員の新しい投稿