マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

空手トマトKarate Tomate

カラテマスターのトマト師匠に師事しながら、勝負を勝ち抜き、トロフィーを12個集めたら勝利を宣言できる(でも負けることもある)というゲーム。


シンプルなトリックテイキング(複数色あるカードから、同じ色のカードを出していき、高い点数を出した者勝ち)なので、同種のゲームの経験者であれば「ああ、アレね」みたいなノリで覚えられます。アレね、というのはボカしているわけではなく、「あんな感じ」「あれかぁ」それぞれの頭にあるのはまったく別のトリックテイキングゲーム。なのにそれでも話が通じちゃうぐらいのありふれ感。


ありふれ、というと「じゃあ遊ばなくてもいいか」みたいな判断に向かいがちなのですが、いやいや、これが面白いのです。


手札勝負に勝つと、勝利ポイントが記されたカードが手に入ります。それがトロフィーです。

あとトマトとナイフも集められます。


ん、ナイフ……?


そうなのです。このゲームにはトロフィーの他に、なぜかナイフ集めというサブ勝利条件があり、この鋭利な刃物も集めておかないと「トロフィーの数がたとえ一番でも、ナイフの所有数が一番少なければ、問答無用で最下位になってしまう」という、わざと日本(トマト師匠、日の丸だし)を勘違いしているとしか思えないような謎ルールがあるのです。なので、全員の持ちナイフの数を常に記憶しておかなければならないメモリー要素もあります(そんなカラテゲーム、聞いたことないよ……)。


でも、そこが面白い。


手札などのクローズド情報は、会話のブレーキになることがあります。


「今の自分の手札、実は5枚とも緑だから、対抗しようとしても無駄だよ」とか「ねえ、手札から、あのカード出してくれないかなぁ」なんてな言葉を、軽く相手に言えちゃう人もいれば、言えない人もいます。

相手を混乱させることを、嫌がらせのように考えてしまったり、

自分の手札につながる情報を漏らしたくないと思ったり。


その点、このゲームは勝敗と関係ないところに話のネタがあるので、会話が盛り上がりやすいのです。


なぜカラテなのか。

なぜ野菜なのか。

なぜナイフなのか。


空手の大会に出てトロフィーを得るのは分かります。普通です。

ついでにトマト(手札を多く手に入れられる効果がついてきます、お得)をもらえることがあるのは、ちょっとイミフですが、まあ、よしとしましょう。

けれど、ナイフ(なんの効果もありません)がついてくるのはなぜなのか?


ナイフがついてくるだけならまだしも、それが勝利条件の一つになっているのは本当になぜなのか!?


さっぱりわからないし、謎というには下らなすぎます。

だからこそ勝負の外側で「空手家たるもの、ナイフの使い方もマスターレベルじゃないとね」「武器もったら、空手じゃないじゃん!」などと、話が弾むのです。


メカニズムとしては、勝利点(トロフィーの数)を集めるだけのゲームだと単純すぎるので、敗北点(?)としてナイフを設定したのだろうと考えられます。

けれど、そこにナイフというモチーフをあてたのが面白い。

そもそもトマトと空手という組み合わせからして、頭のネジが何本か抜けている感があるのだけれど。


勝負そのものはシンプルなトリックテイキングなので、すぐに覚えられるし、脳への負担がありません。

ゲームよりもおしゃべりのほうがメインになってしまっても、ラクラクと遊べてしまうぐらいの低馬力仕様。


スタンダードなものを作るときは、突拍子もないものを混ぜて、受け手の既視感を消すというアプローチがあります。

人は新作にオリジナリティを求めがちな生き物ですが、アナログゲームには、ルールは既存のなにかであればあるほど、実はとっつきやすくてよいという側面があります。覚えやすくて、説明もしやすい。

「空手トマト」は、ルールはありふれているのに、世界観が面白いので、新しいゲームを遊んでいるかのような感覚で慣れ親しんだシステムのゲームに飛び込めるのです。

1stプレイの時にかかる学習コストと楽しさの報酬のコスパがとてもいい。


ありがちなルールに、ユニークな世界観をかぶせることで、新鮮なゲームに変えてしまう魔法。


だからこその、このおかしなテーマなのか。

パッケージのB級感も本当に素晴らしいです。傑作。

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:あすか正太@ぽんこつ団
マイボードゲーム登録者
  • 25興味あり
  • 114経験あり
  • 14お気に入り
  • 47持ってる
プレイ感の評価
運・確率3
戦略・判断力3
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ2
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル空手トマト
原題・英題表記Karate Tomate
参加人数3人~10人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 182
    名に参考にされています
    投稿日:2019年02月15日 12時49分

    カラテマスターのトマト師匠に師事しながら、勝負を勝ち抜き、トロフィーを12個集めたら勝利を宣言できる(でも負けることもある)というゲーム。シンプルなトリックテイキング(複数色あるカードから、同じ色のカードを出していき、高い点数を出した者勝ち)なので、同種のゲームの経験者であれば「ああ、アレね」みたいなノリで覚えられます。アレね、というのはボカしているわけではなく、「あんな感じ」「あれかぁ」それぞれの頭にあるのはまったく別のトリックテイキングゲーム。なのにそれでも話が通じちゃうぐらいのありふれ感。ありふれ、というと「じゃあ遊ばなくてもいいか」みたいな判断に向かいがちなのですが、いやいや、こ...

    あすか正太@ぽんこつ団さんの「空手トマト」のレビュー
  • 182
    名に参考にされています
    投稿日:2018年12月21日 18時00分

    今年のエッセンで発売された、クニツィア作品。空手してるトマト…さくっと終わるゲームで、タージマハルやインフェルノと似ているところを感じました。なるほどなー。手札に配られるのは、5種類1~5のカード5枚+トマトカード。真ん中に出される2つの戦利品をかけて戦っていきます(たまたまトマトとナイフしかないカードが真ん中にでていますが、トロフィーのアイコンがあればそれが勝利点です)。プレイヤーは、伏せた状態でカードを1枚出し、全員揃ったらオープンします。トマトカードは脱落のカードで、出した瞬間争いから抜けて手札を補充します。残ったプレイヤー数が3人以上であれば、勝負は続行です。2枚目からは、同じ色...

    まつながさんの「空手トマト」のレビュー

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿