マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~7人
  • 20分前後
  • 8歳~
  • 2005年~

インフェルノフクハナさんの戦略やコツ

215
名に参考にされています
2017年04月23日 12時03分

初期手札は12枚なので、出せるカードは全員たくさん持っている。なので、最初の勝負で負けた人は大量に引き取る危険がある。感覚では、最初に出せるカードが4~5枚あれば下りずに出し続けて良い。3枚しか出せるカードがない場合は危険なので、降りるのも手。


参加プレイヤーが何人いようが自分の手札で出せるか出せないかなのであまり戦略的には変わらないが、大人数(7~8人)の場合は早めに降りちゃう人が1人はいるので、出せる手札が少なくても意外とガンガン攻めて大丈夫。最低3枚引き取るリスクは、次に自分が親のカードを決定できるメリットに比べれば小さいので、中盤でも出せるカードが2枚くらいしかない場合は早々にカードを引き取って得意なカードを出せばいい。他人の手札を積極的に推理する必要はないと思う。


当然、赤いカードが親カードになると絶対負けるわけにはいかないので、出せるカードは序盤なら5枚、中盤でも4枚は欲しい。序盤・中盤・終盤で全員が出せるカードが少なくなってくるのでそこも意識する。手札はなるべく、色と数字がまんべんなく残るように出す(例えば、黒カードとか2が出されたらヤバイ、みたいな状況は作らない)。その上で、まだどのカードを出すか迷う場合は、低い数字のカードを出す方が若干安全。赤いカードはできれば温存しておくが、出し惜しみしすぎても他のダメージが蓄積するので適度に赤カードも排出する。負けられない勝負どころ(負けると20点くらい食らう)は1ラウンドに3~4回程度なので、終盤は負けても大したダメージはない。上記の戦略を守る限り、初期手札に赤いカードが無くてもそれほど不利ではなく、逆に赤いカードが多すぎる方が危険な場合も。


とにかく、引くに引けずに結局バースト、のパターンが最悪なのでそれだけは避ける。3周くらいしちゃったらもう行くしかないけど。他人の表情を見るのも悪くない。大人数なら積極的に、小人数なら慎重に。1ラウンドをマイナス15点以内に収めればまあまあ良い感じ。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • Nobuaki Katou
フクハナさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 201興味あり
  • 1279経験あり
  • 239お気に入り
  • 814持ってる
プレイ感の評価
運・確率21
戦略・判断力27
交渉・立ち回り2
心理戦・ブラフ6
攻防・戦闘0
アート・外見13
作品データ
タイトルインフェルノ
原題・英題表記Inferno
参加人数3人~7人(20分前後)
対象年齢8歳から
発売時期2005年~
参考価格2,160円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

フクハナさんの投稿

会員の新しい投稿