マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~4人
  • 30分~45分
  • 7歳~
  • 2018年~

ドスkanamatanさんのレビュー

224
名に参考にされています
2018年07月03日 00時01分

UNOの次はDOSだ!!

  2018年の3月に話題になっていたUNOの続編を謳うDOSをプレイする機会を得たのでレビューします。ただ、ルールは少しぼかさせて頂きます。


まあ、まずは写真を。


基本は手札と場札2枚で進行します。

手札は初期7枚です。

カードの種類は2を除いた1〜10数字カード✕4色、色ワイルドのDOSカード、数字ワイルドの♯カードでウノに比べてシンプルになっている。


ルールは簡単。手番が来たら2枚の場札うち片方を選んでその場札と同じ数字1枚  or  足して場札と等しくなるカードを2枚出すだけ。出せない場合はウノ同様に1枚引く。

  このときに同色だとボーナスが得られて手札から更に1枚プレイできたり周りに引かせたり出来る。


  ちなみにウノ宣言は今回も健在。今回はDOSなんで残り2枚で宣言する。やっぱり、忘れる人は忘れるのはお約束。


  感想としては収束性が悪め。DOS宣言してからなかなか上がれない。数字が合致しないとプレー出来ないのが大きな理由。あと、ウノの魅力だったローカルルールの多さもこのルールだとあんまり生まれないような気がする。  


  でもでも、カードゲームとしては良くできてるので手軽に遊べるトリックテイキング以外の作品が欲しいなら候補に十二分に入る出来だと個人的には思ってます。多分、そのうちに日本語訳されて大々的に売られると思うので見かけたら手にとってみてはいかがでしょうか?

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
kanamatanさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 6興味あり
  • 23経験あり
  • 2お気に入り
  • 19持ってる
プレイ感の評価
運・確率2
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルドス
原題・英題表記DOS
参加人数2人~4人(30分~45分)
対象年齢7歳から
発売時期2018年~
参考価格未登録
クレジット
ゲームデザインニック・ヘイズ(Nick Hayes)
アートワーク未登録
関連企業/団体マテル(Mattel)
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

kanamatanさんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク