マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分前後
  • 10歳~
  • 1994年~

イースター島白州さんのレビュー

197
名に参考にされています
2018年05月21日 13時03分

7/10

ニムトをはじめ、傑作が集う激戦時代の1994年に見事ノミネートされた、トップクラスのインパクトを誇るモアイをテーマにしたボードゲーム。

ルールはシンプルで、手番では、石をもらうか、石をモアイに入れるかの2択。

このゲームで勝つには、自分のモアイが1番重くならなければいけないので、石を入れるのは重要。ただし、石を入れたモアイ以外を1マス動かさなければならない。

なぜ、動かすかというと、なんと、このゲームでは、往復して戻ってきた上位2位のモアイのどちらかが重いかで勝敗が決するため、石を自分のところばかり入れていると、進まない。

だが、早く進みすぎて、石が少ないと、決勝で優勝することはできない。悩ましい!

石の大きさもまちまちなので、単純に数の記憶だけでは勝てない。なので、モアイを動かすときに唯一モアイに触れることができるため、このとき重さをなんとなく確認するしかない。

石の重さを感覚でやるのと、無駄にでかい見た目のモアイ像4体が「これぞアナログ!」と言わんばかりに異彩を放っているのは見事。

だが、ゲーム性としてみると、カードの効果に石を没収するカードがあったり、結局、ルール↑、適当にやっても最後にそこそこ勝負になってしまいやすかったりするので、ゲームだけみるなら評価5。

だが、見た目のインパクトのあるモアイ像と、リアルな石を使うという(個人的に石ゲー大好きなので笑)点で+2の評価とした。

ただ、モアイの石像がなかなか大きいため、箱もトップクラスにでかいので、収納にはかなり困るので、所有するなら注意。そもそも、今となってはあまり流通してないので、大変だが。

ゲーム性うんぬんとかはおいといて、見た目のインパクトは本当にすごいので、もし見かけてビビッときたら、1度はプレイしておきたいボードゲーム。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
白州さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 10興味あり
  • 19経験あり
  • 5お気に入り
  • 10持ってる
テーマ/フレーバー
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力2
交渉・立ち回り1
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトルイースター島
原題・英題表記Die Osterinsel
参加人数3人~4人(30分前後)
対象年齢10歳から
発売時期1994年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

白州さんの投稿

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク