マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~4人
  • 30分~40分
  • 10歳~
  • 2019年~

飛商船パトロネージカノーネ@WTRさんのレビュー

99
名に参考にされています
2021年01月10日 17時37分

システムとしてはモノポリーのように回廊上のマスをコマが移動して、止まった場所に応じたお金を払うというもの。

特徴は回廊マスをプレイヤーが独自に構築していくことと、モノポリーのようなお金の奪い合いではなく、得点競争であること。

回廊マスの構築はタイルを購入して自分の場に露店の列を作り、自由に並べ替えることで行う。
並べ方によって収入に大きく違いが出るのでプレイヤーの腕の見せ所。
また、購入できるタイル自体に「証書」(勝利点)が付いているのでどれだけタイルを購入できるかが重要。

ここまで書くと「モノポリーみたいに富めるものがひたすら富んでいって勝つゲーム」のような印象を受けるかもしれないが、このゲームではそのあたりの対策が取られているように思う。

1つ目はコマが各自の持つプレイヤーコマでなく、全員が共通の「パトロ」というコマを使うこと。
ターンプレイヤーがダイスを振り、出た目に応じてコマを進め、止まった店(タイル)の持ち主とターンプレイヤー両方にパトロ自身がお金を払ってくれる(持ち主とターンプレイヤーが同一の場合は2倍になる)。
つまり「銀行からお金をもらってそのお金でタイルを購入して発展」という形になるのでプレイヤー同士の争いはなく、「詰み」の状況は起きにくい。

2つ目に「バースト」があること。
ある条件を満たすと所持金が一定値まで減らされてしまうため、所持金の差が絶望的に開くといったこともない。

気軽に双六ゲーを楽しみたいならアリといった感じだが、やや強すぎるタイルがあったり、バーストしても大半のタイルは買えてしまうといった粗もある。
しかし、裏を返せば「失敗しても立て直しが容易である」ということでもあるためボドゲ初心者と楽しむのがおすすめ。

1
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
  • ボードゲームカフェSUBBOX
カノーネ@WTRさんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 17経験あり
  • 3お気に入り
  • 23持ってる
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力1
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘0
アート・外見1
作品データ
タイトル飛商船パトロネージ
原題・英題表記Cargo ship Patronage
参加人数3人~4人(30分~40分)
対象年齢10歳から
発売時期2019年~
参考価格3,000円
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿