マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能投稿した記事が読まれるたびに、通販でお得に商品を購入できるボドクーポンをGET! ハードル低めです。
コミュニティ機能専用掲示板・ボードゲームリストの合体機能が便利!公開コミュニティ、秘密のコミュニティ、設定も豊富。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 2人~6人
  • 60分~180分
  • 10歳~
  • 2015年~
36名
0名
0
3ヶ月前
 『Mancers of the University』は『Argent』の最大プレイヤー数を6人に増やすための拡張です。多数のカード(鐘楼カード17枚を含む)、大学ボードタイル6枚(6種類のアイテムを合成できる工房などを含む)、候補者シート1枚、魔術師ポウン13体(初登場の工学魔術師(Technomancy Mage)を含む)などが増やされており、ラウンドカードの代わりに用いられる6枚1組のシナリオカードも6種類用意されています。今から、この拡張を入手しようとされる方は、必ず次の点に注意して下さい。2015年に出版された『Argent』は2018年の再販分から‘Revised Edition’に移行しています。初版と改訂版では、魔術師ポウンに互換性が無いので、2020年に出版された日本語版を拡張するには、『Mancers of the University』も‘Revised Edition’でなければなりません。初版のボックスアートには、左側に女性の候補者だけが描かれていましたが、2018年版のボックスアートには、男女2人の候補者が描かれているので、簡単に区別できるはずです。
この投稿に0名がナイス!しました
ナイス!
chaco
chaco
シェアする
  • 1興味あり
  • 1経験あり
  • 0お気に入り
  • 3持ってる
ログイン/会員登録でコメント
ログインする

chacoさんの投稿

会員の新しい投稿