マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。
  • 3人~7人
  • 10分~20分
  • 10歳~
  • 2012年~

ワンナイト人狼澪さんのレビュー

354
名に参考にされています
2018年08月06日 20時12分

普通の人狼と違って、夜が一回だけなのがワンナイト人狼。実際の人狼は人数も必要だし難しそう...なイメージですが、ワンナイトなら手軽にできる!1ゲームがすぐ終わるし、ついもう一回やろう!となります。運ゲーになったり、誰に投票するか悩んだり、うっかりすぐ人狼がばれちゃったりと、毎回まったく違う展開になるのが面白いです。

役職は村人、怪盗、占い師。あとは人狼。
ワンナイトは怪盗がすごく面白い役職になります。怪盗が人狼と交換した場合、人狼陣営になるのが面白い。人狼2人だった場合ややこしくなる。私がよくやるのは、人狼と交換した場合、元人狼だった人に対して「占い師です!この人狼です!」とか、あとは村人っぽい人をテキトーに「怪盗です!この人は村人です!」とか。黙ってるより面白くなりますよね。怪盗になった時は、人狼と交換するのが一番好きです。(笑)

占い師は、誰か一人もしくは真ん中二枚をみる事が出来ます。真ん中をみれるっていうのもワンナイトならでは!人狼になった場合、占い師のふりをして「この人村人でした」が多い気がするのですが、本当の占い師だった場合、村人の人を占っても「人狼でも言えるよね、カンじゃない?」ってなってしまう事が多い気がする(笑)だから占い師になったらズバリ人狼を当てたいところです。微妙なのが、占い師が怪盗を見て、怪盗が占い師と交換したというパターン。ヒントが少なくなるので難しくなる。とにかく色々な展開があります。

人狼の場合、嘘をつくか、黙っておくか。初手に発言した方が信ぴょう性が高いので、真っ先にウソをつくのもありですが、偽物をあぶりだしてから発言しました、と言って本物が出てからウソをつくのもアリ。そこは性格なんですよね。人狼が二人だった場合、どっちがウソつくかな..?ってドキドキする。仲間がいるからと言って安心は出来ません。

村人はとにかく誰を信じるか。勝敗は村人にかかってると言っても過言ではない!

人狼はウソをつくゲームですが、いかに人を信頼させるか、だと思います。敵を作らない!人狼の時に「占い師のふりをして誰かに人狼という」事をすると、その人からは確実に投票されてしまいますよね。だから、なるべく味方につけるのが勝てるコツかなーと思います。もちろん、「こいう人狼!」と言って、それを本物っぽく見せてほかの人を信頼させる、というのもアリなんですけどね!色んな勝ち方がある奥の深いゲームです。

0
名の会員がナイス!ボタンを押しました
  • ナイス!
澪さんの投稿をシェア
マイボードゲーム登録者
  • 280興味あり
  • 2426経験あり
  • 374お気に入り
  • 1324持ってる
プレイ感の評価
運・確率6
戦略・判断力15
交渉・立ち回り28
心理戦・ブラフ34
攻防・戦闘1
アート・外見3
作品データ
タイトルワンナイト人狼
原題・英題表記One Night Werewolf
参加人数3人~7人(10分~20分)
対象年齢10歳から
発売時期2012年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

会員の新しい投稿