マイボードゲーム機能「持ってる」「興味あり」など知人に共有できるコレクション管理機能。人数別や時間別などの並び替えも。
ボードゲーム発見機能マイボードゲームの登録データを統計分析し、未経験かつ未所有のおすすめボードゲームを自動抽出します。
レビューや日記の機能各種投稿が可能になります。また投稿で商品購入時に利用できるポイントが貯まります(消費機能は開発中)。
フォロー・フォロワー「ボドとも」としてフォローしておくと、気になるユーザーや知人のアクティビティが通知されるようになります。
ボドゲカフェ情報自分の「興味あり」「お気に入り」に登録したボードゲームカフェが提供するゲームが一目でわかるように。
通販ショップ国内主要メーカーや同人ゲームなど様々な商品をご購入いただけます。会員登録しないで購入することもできます。

メイジナイトMage Knight

アメリカのWizKids社が2001年に発表し、日本語版の展開も富士見書房により進められたミニチュアフィギュアゲームです。

ファンタジー世界を舞台に、一定のポイント内で自分の軍団を組織して、相手の編成した軍団と戦うのです。

このフィギュア群の購入方法はいわゆるトレーディングカードと同じ方式を採っており、基本となる『スターターセット』を買うと、ランダムに10体のフィギュアと、ルールブックや解説コミックなどが入っているのですが、レア率が異なり、「ユニーク」と言われるフィギュアはセットをいくつも買わないと思うように揃いません(笑)

必然的に『ブースターセット』を次々と買い足して、コレクションを増やしてゆく事になります。

見事に私もそのトラップにハマりました(^◇^;)

あれだけトレーディングカードで懲りたはずなのに…学習しないオヤジでごめんなさい。

おかげで数えてないけど、未だに整理用箱にぎっしりあります。よくもまあ集めたもんだと自分でも思います。(^◇^;)

でもホントにゲーム自体は良く出来ているので、現在の展開休止がもったいないです。

ポイントをいくつか整理しよう。

①全フィギュアがすでに全部彩色済み!ちょっとクオリティは低めだけど、ペイントが面倒くさい社会人には非常にありがたかった。

この辺がペイントにこだわる人にはウケなかったのかな…泣。

②アクチュアルゲームによくありがちな、ダメージなどの記録やメモが一切必要なく、フィギュア土台にダイヤルが付いていて、これをクリックして回す事でダメージをカウントできるだけでなく、命中率や移動力のデータ変動も全て表現されているのです。

これすごいアイディアでした!

各フィギュアごとにデータが異なっており、例えば2ポイントダメージを受けたら、カチカチと2クリック回すのですが、窓が空いている所に数値が表示されていて、急激に命中率が弱くなるキャラとか、移動が遅くなるキャラとか、特殊能力(見える数字の色で分かる)が無くなったり、バラエティに富んでおり、これが各フィギュアの特徴になっているんですねー。

ドクロマークが出てきたら死亡というわけです。

タフな奴はかなり回してもなかなか死なないわけですね。

これが楽しくて、パッケージを開けて新しいフィギュアが出ると、ついついカチカチ回して「ふむふむ…」とか見入ってしまいます。

③どこでもゲームが出来る手軽さも魅力でしたね。

マップボードなどは無く、ある程度の平らなスペースがあればどこでもできます。

机の上の消しゴムやらペンケース、飲み物の缶、ケータイ電話などがあっという間に『障害物』に変身!

建物や城壁に見立てて新たな戦場になるのですよ!すごいと思いません?

机の端が崖になったり、ミカンが要塞になったり、アイディア次第ではもう何でもできますからね。

一時期仲間内とハマって、かなり繰り返しプレイしましたね。

ルールも比較的簡単なので、初心者にはすぐプレイできるだけでなく、状況が一目でわかる分かりやすさが魅力でした。

いくつかの種族があるので、みんな組み合わせを変えてはあーでもないこーでもないと編成を変えては、『よし次はこの軍団で勝負じゃ~!』ってな感じでしたね。

唯一難点なのは、ゲームボードなどは無く、移動も射程もすべて『インチメジャー』で測るので、どうしてもビミョーな曖昧さがぬぐえません。

射程が届いたのか届いてないのか、あんまりマジでいきり立つと揉める原因になるかと…。

幸い私たちのグループはゲーム歴も長く、全くそんな事は起こらないのですが、子供同士とかだとケンカになったりするかも…とは思いましたね。

いずれにせよ良いゲームなのは確かなので、せっかく棚から掘り出したので、今度ゲーム会に持って行ってみようと企んでおります。

今やなかなか手に入らないのが改めて残念でなりません。

誰か相手してくれんかなぁ

最も読まれているレビューを表示しました
  1. 投稿者:Bluebear
マイボードゲーム登録者
  • 3興味あり
  • 5経験あり
  • 1お気に入り
  • 3持ってる
メカニクス
メカニクス未登録
プレイ感の評価
運・確率0
戦略・判断力0
交渉・立ち回り0
心理戦・ブラフ0
攻防・戦闘1
アート・外見1
作品データ
タイトルメイジナイト
原題・英題表記Mage Knight
参加人数2人~4人(60分前後)
対象年齢10歳から
発売時期2000年~
参考価格未登録
データに関する報告
ログインするとフォームが表示されます

レビュー 2件

  • 22
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月23日 12時46分
  • 310
    名に参考にされています
    投稿日:2018年06月21日 22時23分

    アメリカのWizKids社が2001年に発表し、日本語版の展開も富士見書房により進められたミニチュアフィギュアゲームです。ファンタジー世界を舞台に、一定のポイント内で自分の軍団を組織して、相手の編成した軍団と戦うのです。このフィギュア群の購入方法はいわゆるトレーディングカードと同じ方式を採っており、基本となる『スターターセット』を買うと、ランダムに10体のフィギュアと、ルールブックや解説コミックなどが入っているのですが、レア率が異なり、「ユニーク」と言われるフィギュアはセットをいくつも買わないと思うように揃いません(笑)必然的に『ブースターセット』を次々と買い足して、コレクションを増やし...

    Bluebearさんのレビューを読む

リプレイ 0件

投稿を募集しています

戦略やコツ 0件

投稿を募集しています

ルール/インスト 0件

投稿を募集しています

掲示板 0件

投稿を募集しています

会員の新しい投稿

関連記事&スポンサーリンク